FANDOM


あした』は、大林宣彦監督の映画作品。1995年9月23日公開。原作は、赤川次郎小説午前0時の忘れもの』。

作品概要 編集

尾道市を舞台にした、“新尾道三部作”の2作目に当たるのが本作品である。前作の『ふたり』と同様、人の死に関する事が重要なテーマになっている。なお、原作と違う映画のタイトルは赤川が考え出した。

粗筋 編集

尾道の沖合いで客船「呼子丸」が遭難し、乗員乗客全員の行方が分からなくなった。しかしその3か月後午前0時に、船の乗客が別れの挨拶をするために海中から船とともに現れることになり…。

スタッフ 編集

キャスト 編集

   ------       

   ------  

備考 編集

  • 撮影時尾道市向島町立花の海岸に建設された港の待合所のセットは、撮影終了後、尾道市向島町兼吉のフェリー乗り場に移築され、待合室として現在使用されている。
  • 中国放送の当時の人気地元番組「西田篤史の週刊パパたいむ」の人気リポーターだった松本裕見子が、工場の食堂で食事をとっている女性としてエキストラ出演している。また、中国放送の社員がロケスタッフとして参加したこともあり、この番組などでロケの様子が頻繁に取り上げられていた。

外部リンク 編集


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はあした (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki