FANDOM


うる星やつら オンリー・ユー』は、高橋留美子原作の漫画及びテレビアニメシリーズの『うる星やつら』の劇場版オリジナル長編アニメーションである。1983年2月13日公開。

概要 編集

アニメーション監督、押井守実質上の劇場初監督作品。他の女に走るあたるラムが追いかけるという原作初期のうる星やつらを彷彿させ、原作者の高橋留美子から絶賛された。ところが押井は、この作品は『完全な失敗作・大きいテレビ』と後に語っている。

公開対談で押井は「本来この作品は別の監督が就任して作業をしていたが、途中で降板したため、結局自分がやる羽目になった」という事を述べている。押井が参加した時点の制作状況は、原作者から示されたキャラクター「エル」のイラストと、メカデザインが数点と完成していた脚本のみで、それ以外は全く進行しておらず、期限は残り5ヶ月という最悪の状態でのスタートであった(その経験が押井の実写作品『Talking Head』にも反映されているとのこと)。更に押井は脚本に不満を抱き、内容を改変したものをそのまま絵コンテに切っていった(そのため、完成脚本は存在しない)。プロデューサーや脚本家の金春智子からクレームが付いたが、既に期限が迫っており、結局押井の修正したストーリーがそのまま採用された。

このように、迫るスケジュールの中で苦労して内容を破綻しないようにまとめ上げ、ふんだんにファンサービスを加えた作風は原作者やファン、スポンサーからは歓迎された。だが、映画監督の金子修介曰く、伊丹十三(当時はまだ俳優)から「甘いケーキ菓子のような映画」と評され、初めて対談した宮崎駿からも批判された。もちろん押井本人もダメな映画の例だと認識している。また、併映作品であった相米慎二監督の『ションベン・ライダー』が本作品と比べてあまりにも監督の自由が反映された作風であった事に押井は衝撃を受けたという(ロマンアルバム「攻殻機動隊 PERSONA 押井守の世界」より)。これらの経験が、次回作の『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』以降、押井の作家性を大きく打ち出すことに繋がってゆく。

ダスティン・ホフマン主演の映画『卒業』をイメージしたシーンは有名。また、ラムがあたるを「ダーリン」と呼ぶのと対照的に、エルはあたるを「ハニー」と呼んでいる。キャラクターデザインにおいても、ラムのスタイルをそれまでのテレビシリーズより更に良くしてある。

公開時、併映作品との関係から上映時間を短くすることとなってしまい、一部シーンがカットされている。後にファンの声に応え、完全版として再上映、LDDVD販売などがされている。だが、このノーカット版を『プロデューサーズ・カット』と揶揄する押井は「やっぱり長過ぎた」と後に語っている。

また、テレビシリーズでも音楽を担当した安西史孝がこの作品でも参加。当時、1千万円と高価だったシンセサイザーフェアライトCMI』を用いてBGMを演奏、独特な音色でこの作品世界を表現している。また、当時は珍しかったオーケストラル・ヒットを使用している事も特色である(エル星の牛丼屋のシーンなど)。他にも、原作者・高橋留美子の叫び声をサンプリング・加工し、BGMとして使用した(面堂家、エルの庭園、エル星での暴動のシーンのBGM)。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ 影踏み遊びをするシルエットの少年と少女。影踏みに勝ったと主張する少年は、少女から11年後に結婚しようと告げられる。そして少女は宇宙へと去っていった。

ある日、諸星あたるのクラスメイトやラムの友人達に、あたるとエルという女との結婚式の招待状が次々と届けられた。あたるには「エル」という宇宙人の婚約者が既に存在していたのだ。あたるはラム親衛隊のメガネ達から拷問され、三宅しのぶからは凄まれ、面堂終太郎は私設軍隊を引き連れ、ついにはラムが電撃を出してまで問い詰められるが、あたるはそんな記憶は全くないと言う。しかしエルからの使いが来ると、いつもの浮気癖を出したあたるはあっさり約束を受けた。

ラムは突然現れた弁天と相談し、いつものメンバーをバス型UFOに巻き込んで宇宙の果てへ飛び立つ。エルよりも先にあたると結婚式を挙げようとするが、眼前にはエル星の軍隊が待ち構えていた。激怒したラムの父はエル軍と宇宙戦争を開始。だが、その隙にエル星のスパイであるロゼの手により、あたると出席者の面堂やメガネ達までも連れ去られてしまう。ラムはあたるを取り戻すため戦闘機に乗り奮起するが、修理中であったこの機体は自爆してしまう。それを見たあたるは一瞬たじろぐが、ラムは救出カプセルのお陰で一命を取り留めたのを見て胸をなでおろした。しかしラムは、ついにあたると引き離されてしまう。

エルは、エル星の女王であった。結婚をすれば当然「王」となれるあたるは、ハーレムが作れると有頂天になる。ところがエルに気に入られた面堂が、エルの宇宙中の美少年コレクションの10万人目として、コールドスリープされかける。エルのそんな恐ろしい秘密を知ってしまったあたるは、エルとの婚約破棄を申し出た。ところがエルは、あたるだけは自分と対等に接してくれる特別な人だと言い、嫌がるあたるを結婚式の日までテンと共に無理矢理幽閉してしまう。そんな孤独感の中、あたるは牛丼を貪り食いながら、ラムの愛情を感じ始めていた。

挙式当日、弁天やおユキレイ達は繁華街の警戒網をかく乱させた。ラムはその隙を見てあたるのいる式場へと向かった。無事救出されたあたるはバスUFOへ。しかし、あたるにしがみついていたエルも引き連れてしまった。しかもバスUFOは運転手のミスで過去へとワープしてしまう。そこへ待ち受けていた光景は、夕暮れの公園で無邪気に遊ぶ幼き日のあたるとエルであった。そこであたる達は、エルとあたるの契りの真実を知る事になるのである。

スタッフ 編集

  • 原作:高橋留美子
  • 監督、脚色、絵コンテ:押井守
  • 演出:安濃高志
  • 脚本:金春智子
  • 作画監督:青嶋克己、遠藤裕一、高沢孫一
  • メカニック監督:山下将仁
  • 撮影監督:若菜章夫
  • 音楽:小林泉美、安西史孝、天野正道
  • 音楽監督:早川裕
  • 製作:多賀英典
  • 企画:落合茂一
  • 企画協力:岡正
  • 製作:キティ・フィルム
  • 配給:東宝
  • 主題歌:「I, I, YOU & 愛」
    • 作詞:安藤芳彦
    • 作曲、編曲、歌:小林泉美
  • 挿入歌:「ラムのバラード」
    • 作詩:實川翔
    • 作曲、編曲:西村コージ
    • 歌:平野文
  • 挿入歌:「星空のサイクリング」
    • 作詞、作曲、編曲、歌:バージンVS
  • 挿入歌:「影ふみのワルツ」
    • 作詩:安藤詩織
    • 作曲、編曲:西村コージ
    • 歌:詩織

声の出演 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はうる星やつら オンリー・ユーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki