FANDOM


おもちゃ
監督 深作欣二
製作 東映、ライジングプロダクション 
脚本 新藤兼人
出演者 宮本真希富司純子南果歩喜多嶋舞津川雅彦魏涼子
音楽 天野正道
撮影 木村大作
編集 園井弘一
配給 東映
公開 1999年1月15日Flag of Japan
上映時間 113分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
  


おもちゃ』は1999年に公開された日本映画。監督は深作欣二溝口健二監督作品『祇園の姉妹』のオマージュとして新藤兼人(新藤は溝口に師事している)が執筆した小説を新藤自身が脚本化。

宮本真希のデビュー作である。

キャスト 編集



あらすじ 編集

売春防止法施行前後の昭和33年、京都の花街。 貧しい職人の家に生まれた時子は、置屋藤乃家で仕込みおちょぼ(下働きの舞妓見習)として働いていた。

あるとき女将里江のパトロンである吉川が、息子が藤乃家の芸妓である照蝶にたぶらかされたと怒鳴り込んでくる。呉服屋の婿養子である吉川が金のかかる里江と別れるために息子と謀った策略だった。照蝶に手を上げる吉川に里江は別れを決意するが、時子を舞妓としてひとり立ちさせるために金策に走らなければならなかった。里江が新たなパトロンに一夜身を任せ、時子がいよいよ舞妓「おもちゃ」として水揚げされることになった。


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はおもちゃ (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki