FANDOM


テンプレート:文学この胸いっぱいの愛を』は2005年10月8日公開の日本映画である。原作が梶尾真治、監督が塩田明彦と2003年に公開された映画『黄泉がえり』のスタッフである。

原作は『クロノス・ジョウンターの伝説』(朝日ソノラマ単行本版:ISBN 4257010711、ソノラマ文庫NEXT版:ISBN 4257173416, ソノラマ文庫版:ISBN 4257770104、朝日ソノラマ新編版:ISBN 4257790539)収録の短編作品「鈴谷樹里の軌跡」だが、同書収録の他の短編の人物名や設定も取り込んで大幅に翻案したものとなっている。なお、この映画の公開に先立って、原作者本人の手によるノヴェライズ作品(小学館文庫:ISBN 4094080473)も出版されている。

伊藤英明主演。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ編集

鈴谷比呂志は百貨店勤務の30歳の男。出張で小学校時代を過ごした門司福岡県北九州市)を訪れた。ふと見ると少年が走っている。それは20年前の自分だった。

喫茶店で以前に出会ったヤクザ・布川と再会し、新聞を見ると1986年の文字がある。比呂志と布川は、2006年から20年前、1986年の門司にタイムスリップしていたのだ。

20年前に自分の不始末で火事を起こしたのを思い出した比呂志は、少年時代に過ごした旅館に駆け込んだ。比呂志の働きで火は消し止められ、火事は起こらずに済んだ。

やがてこの旅館に住み込みで働くことになり、幼い頃の自分と同居生活をはじめた比呂志は、ある女性と出会う。それは20年前の比呂志の初恋の女性、青木和美だった。

音大を卒業した和美は明るく気さくな性格で、少年時代の比呂志の遊び友達であった。しかし比呂志の記憶では、20年前、和美は難病を抱えており、手術を拒み続けた後に死亡していた。

和美を救えなかった事が心の奥にあった比呂志は、果たして今度は和美を救えるのか?

キャスト 編集

スタッフ 編集

コミック 編集

外部リンク編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はこの胸いっぱいの愛をにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki