FANDOM


テンプレート:文学 しゃべれどもしゃべれどもは、佐藤多佳子作の小説である。これをもとに漫画、映画が作成された。

小説編集

2000年5月に新潮社より、文庫版が発行された。 ISBN 978 4 10 123731 2 (421ページ、サイズ : 15 × 11cm)

ラジオドラマ編集

1999年、NHK-FM内番組『青春アドベンチャー』において放送された。全10話。脚色は岡本螢。主人公の今昔亭三つ葉は林家いっ平、十河五月は麻生侑里が声を担当した。

漫画編集

テンプレート:漫画 映画化に先立って漫画化。作画は勝田文白泉社MELODY」の2007年2月号から3月号にかけて、別冊付録の形で発表された。2007年4月にジェッツコミックスのレーベルで、コミック版が発売された。ISBN 978-4592142720

映画編集

2007年5月26日より全国でロードショーされた。

配給は、アスミック・エース

上映時間 1時間49分

スタッフ編集

原作 : 佐藤多佳子
プロデューサー : 小川真司
プロデューサー : 渡辺敦
監督 : 平山秀幸
脚本 : 奥寺佐渡子
音楽 : 安川午朗
美術 : 中山慎
落語監修・指導 : 柳家三三
落語監修・指導 : 古今亭菊志ん
主題歌 : ゆず「明日天気になぁれ」
サウンドトラック : Original Soundtrack Single 映画「しゃべれども しゃべれども」

キャスト編集

今昔亭三つ葉(外山達也): 国分太一
十河五月: 香里奈
村林優 : 森永悠希
湯河原太一: 松重豊
外山春子 : 八千草薫
今昔亭小三文: 伊東四朗
実川郁子: 占部房子
今昔亭六文: 建蔵
今昔亭三角: 日向とめ吉
柏屋ちまき:山本浩司
十河厳(五月の父):下元史朗
「とり久」のおやじ(湯河原の義兄):三田村周三
末広亭の師匠: 外波山文明

原作との相違点編集

  • 映画では三つ葉の従弟綾丸良が出てこない。
  • 三つ葉が一門会にかけるネタが違う。小説では『茶の湯』,映画では『火焔太鼓』。
  • 湯河原が優にバッティングを教える場所が違う。小説では湯河原の自宅,映画では荒川の河川敷。
  • 三つ葉と十河五月が好き合ってることを確認するラストシーンが違う。小説では井の頭公園,映画では隅田川の水上バス。
  • 小説では発表会に兄弟子六文と友達柏家ちまきがやってきて,生徒二人が演じた後三つ葉と三人で「かっぽれ」を踊って〆にするが,映画では来ない。
  • 十河五月の家が原作では○○,映画では都電荒川線沿いのクリーニング屋。
  • 小説では村林優も十河五月も発表会で『まんじゅうこわい』を演ずる。映画では十河五月は突然『火焔太鼓』をやる。

製作委員会編集

受賞編集

第62回毎日映画コンクール 主演男優賞:国分太一 助演男優賞:松重豊 録音賞:小松将人

第32回報知映画賞 助演男優賞:伊東四朗

第29回ヨコハマ映画祭 脚本賞:奥寺佐渡子 ベストテン第3位

2007年キネマ旬報ベストテン 第3位:「しゃべれどもしゃべれども」

2007年度映画芸術ベスト10  第7位:「しゃべれどもしゃべれども」

第3回おおさかシネマフェスティバル 新人賞 森永悠希 ベストテン4位:「しゃべれどもしゃべれども」

外部リンク編集

関連項目編集


テンプレート:Lit-stub テンプレート:Movie-stub テンプレート:Manga-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はしゃべれども しゃべれどもにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki