FANDOM


その男、凶暴につき
Violent Cop
監督 北野武
製作 奥山和由
脚本 野沢尚
出演者 ビートたけし
白竜
川上麻衣子
佐野史郎
音楽 久米大作
配給 松竹富士
公開 1989年8月12日 日本
上映時間 103分
製作国 日本
言語 日本語
製作費 4億6000万円
興行収入 7億8000万円
allcinema
キネマ旬報
IMDb
  

その男、凶暴につき』(そのおとこ、きょうぼうにつき)は、1989年8月12日公開の日本映画北野武の映画初監督作。松竹富士配給。

概要編集

奥山和由による映画の企画段階では、監督:深作欣二・主演:ビートたけしの予定だった。脚本家に野沢尚が起用され、「『第三の男』のハードボイルド版」をコンセプトに第1稿が完成する。この時のタイトルは『灼熱』だった。

しかし、諸事情により深作が監督を降板。表向きには深作のスケジュール調整が出来なかったためとされる。主演のビートたけしが北野武名義で監督を務める事となった。お笑い芸人・ビートたけしとは別の映画監督・北野武が誕生した記念すべき作品となった。

内容としては、後の北野作品に通じる徹底したバイオレンス描写やシリアスで個性的な演技をみせた主演のビートたけしの熱演、緊張感のあるBGM等が話題になった。しかし作品の評価は賛否両論で、興行的には話題ほど振るわなかった。ただし『ソナチネ』や『HANA-BI』が国際的に高く評価されて以降は、「(特にバイオレンスにおける)北野映画の原点」として重要視されている。

あらすじ編集

我妻諒介は殴る蹴るの暴行を加えて無理矢理自白させるような凶暴な刑事であり、警察内からも避けられていた。 麻薬売人が惨殺された事件を追ううち、実業家の仁藤と殺し屋の清弘の存在にたどり着いたが、その片棒を担いでいたのは…。

キャスト編集

メモ編集

  • 週刊誌『週刊テーミス』の映画評論連載でたけしが現代の日本映画と評論家のあり方も斬っていたこともあり、たけしの処女監督作品は批評家の格好の批判対象となった。そこでたけしは批判をする評論家をまとめてテレビ番組に呼び、公開討論形式でたけし本人の映画を語らせた。テレビ慣れしていない評論家達はたけしにメッタ斬りにされ、たけしは大いに溜飲を下げた。
  • 脚本を手がけた野沢尚は内容が大幅改編されたことに納得出来ず、宝島社刊『別冊宝島144 シナリオ入門』の脚本家アンケートにて「変えられる前の『その男、凶暴につき』」と記入する程だった。亡くなる直前の2004年に出版されたオリジナルシナリオを元にした長編小説『烈火の月』で、自分なりの決着を付けている。なおこの小説の初出媒体は奇しくも、因縁のたけしが辛口コラムを長期連載中の『週刊ポスト』誌だった。ただし野沢も、たけしのアイディア力、特にクライマックスにおける妹の銃殺を高く評価していた。たけし側も野沢の脚本自体は評価しており、監督第2作についても野沢に執筆を依頼していた。野沢が「せめてもの意地」で断った結果、たけし自身の筆により次作『3-4X10月』が描かれ、期せずしてたけしの脚本家デビューの遠因となった。
  • この作品の原題だった『灼熱』は、後に『TAKESHIS'』において劇中劇としてポスターが登場している。

外部リンク編集


de:Violent Copes:Violent Cop fr:Violent Cop it:Violent Cop pl:Brutalny glina ru:Жестокий полицейский (фильм)

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はその男、凶暴につきにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki