FANDOM


どろろ
監督 塩田明彦
製作 平野隆
脚本 NAKA雅MURA
塩田明彦
出演者 妻夫木聡
柴咲コウ
瑛太
原田美枝子
中井貴一
音楽 安川午朗
福岡ユタカ
撮影 柴主高秀
編集 深野俊英
配給 東宝
公開 2007年1月27日
製作国 日本
言語 日本語
製作費 20億円
興行収入 34億円
allcinema
IMDb
  


どろろ』は、2007年1月27日公開の日本映画手塚治虫の同名漫画の実写映画版である。製作は「どろろ」製作委員会、制作プロダクションはツインズジャパン、配給は東宝が行った。

概要 編集

原作は室町時代後期から戦国時代前期を舞台にしていたが本作は架空の異世界を舞台にし、所々に現代的なアイテム、英語などが盛り込まれ、ジャパニーズ・ファンタジーとも言うべき内容となっている。興行収入34億円と、大ヒットとなったため平野隆プロデューサーは、「日本でもエンターテインメントが成立するということを証明できたと思う」と語った。[1]

前記でも述べたように興行で大ヒットとなり、『2』『3』の続編製作が決定とアナウンスされる。スポーツ報知によると、総製作費は第1作の20億円を上回り、第2、3作を合わせて計60億円となるという。また、第2作は2009年公開を目指し作業中だという。また手塚作品で初のPG-12指定を受けている。

第4回/文春きいちご賞第6位受賞作品。

ストーリー編集

はるか昔か、遠い未来か定かではない時代。

とある街の酒場で、踊り子に化けた魔物と戦う青年百鬼丸妻夫木聡)を目撃したコソ泥どろろ柴咲コウ)。百鬼丸は身体の四十八ヶ所を魔物に奪われており、その欠けた箇所を義肢で補っていた。通りすがりの琵琶法師から百鬼丸の身の上話を聞いたどろろは、その左腕に仕込まれた魔物を爆発蒸散させることのできる妖刀に興味を持ち、付きまとうようになる。初めは鬱陶しがっていた百鬼丸だが、時を重ねていくうちにしだいに心を開き、共に魔物を倒し、元の身体を取り戻すための旅をする。

旅をしていく中で深まる二人の絆と、次々と明らかになってゆく百鬼丸の過去。 どろろの両親の仇、醍醐景光とは何者か。 何故百鬼丸は身体の四十八ヶ所を奪われたのか、百鬼丸の本当の両親は誰なのか。 その謎が明かされたとき、物語は大きく動き出す…


父の野望のため身体を奪われし者―――

そして時の権力に両親を奪われし者―――

失われた身体と心を取り戻すための二人の旅は続く。

キャッチフレーズ 編集

  • 「絶望を、ぶった斬れ。」
  • 「物語が、動き出す。」
  • 「必死に生きて、何が悪い!」

キャスト編集


スタッフ編集

主題歌編集

「どろろ」製作委員会編集

原作との相違点 編集

  • 原作では室町時代が舞台だが、映画版では「賢帝歴3048年」という架空の異世界が舞台となっている。
  • 原作では百鬼丸は14歳ぐらいだが、映画版では20歳前後。どろろも原作では小学生くらいの子供だが、映画版では百鬼丸とほぼ同年代と思われる。
  • 原作では2人の名前は最初からついていたが、映画版では名を聞かれた百鬼丸が、名はないとしながら過去のを連ねたとき、どろろが彼を「百鬼丸」と決め、また自分の名前に「どろろ」を盗んだ(もらった)ことになっている。
  • 原作では寿海が百鬼丸のために作った体は主に木や陶器で作られているが、映画では作った工程はエレキテルを使用するなど、オリジナルとなっている(原作では自分の意志で動かすことはできず、腕に限っては肩の筋肉で若干動かすことができる)。また、原作では最後まで生きているのに映画では最終的に死んだ人物もいる。
  • マイマイオンバを除く魔物は映画のオリジナルキャラであり、そのマイマイオンバも羽のデザインが原作と少々異なっている上、連れ子の幼虫も全く別物になっている。
  • 原作では腰刀でも何でも魔物を倒せたが、映画版では左腕の妖刀「百鬼丸」でしか倒せなかった。また原作では左腕の妖刀には名前がついておらず、寿海が若かりしころ与えられたものという設定だが、映画版では「百鬼丸」と名づけられており、琵琶法師のものということになっている(その際、「百鬼丸」を琵琶に偽装していた)。
  • 原作では醍醐景光はまだ一国の領主ではなく、富樫という主君も存在するが、映画版では成り上がって城を治めている。
  • 四化入道のデザインと役割が大きく変更されている。
  • 原作ではどろろは武器を持っていないが、映画版では小刀を所持している。
  • 百鬼丸の体のまだ魔物から戻っていない部分に限り、原作には無い再生能力がある。
  • 原作では最終的にどろろと百鬼丸はバラバラで行動してしまっているが、映画版ではいまのところ一緒に旅をしている。また、原作では百鬼丸は多宝丸および景光と対峙が残ったままだったが、映画版では最終的に対峙がなくなっている。

DVD 編集

その他 編集

  • 撮影はもともとはモンゴルで行うつもりだったが、夜になると零下20度ぐらいになるということで、ニュージーランドで行われた。
  • 妻夫木聡と柴咲コウと瑛太は日曜劇場オレンジデイズに共演したことがある。また、Mr.Childrenもオレンジデイズで主題歌を担当していた。

外部リンク 編集

テンプレート:Movie-stubde:Dororo (Film) th:ดาบล่าพญามาร โดโรโระ

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はどろろ (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki