FANDOM


なつかしい風来坊(なつかしいふうらいぼう)は、1966年に、松竹が制作、公開した山田洋次監督の映画。ブルーリボン賞「主演男優賞(ハナ肇)と「監督賞」をとった初期の山田洋次作品ではもっとも評価の高い作品である。

ストーリー編集

テンプレート:ネタバレ 衛生局の課長、良吉は日雇い労務者の源五郎と意気投合し、一晩家に泊める。それ以来、源五郎は気味悪がる良吉の妻や娘にお構いなしに頻繁に良吉の家を訪れる。そんなある日、自殺を図った愛子という娘を源五郎が担ぎ込んでくる。優しくよく気がつく愛子は良吉の家族にもすかれ、お手伝いとして働くこととなる。そんな愛子を好きになった源五郎は、良吉の手配で愛子と映画を見に行く。その帰り、手を握ろうとした源五郎に驚いた愛子は、誤って道路下に落ちてしまう。良吉や愛子をかばった源五郎は余罪もあって警察に逮捕されてしまう。しばらくして愛子も家を出て行ってしまうが・・・

スタッフ編集

キャスト編集

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はなつかしい風来坊にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki