FANDOM


テンプレート:漫画 ねじ式( - しき)は、つげ義春により1968年月刊『ガロ』6月増刊号「つげ義春特集」に発表された短編漫画。短編の多い作者の作品の中でも特に有名で、彼を代表する作品として作品集の表題作ともなっている。日本漫画に多大な影響を与えた作品である。

概要 編集

ファイル:ねじ式 013.jpg
ファイル:ねじ式 太海034.jpg

海岸でメメクラゲに左腕を噛まれ静脈を切断された主人公少年が、の恐怖に苛まれながら医者を求めて漁村らしき奇怪な街を放浪し、不条理な目に遇いながらも、ついに産婦人科の女医に出会い、「シリツ」(手術)を受け、事なきを得るという話である。つげ義春が見たを元に漫画化したものという。タイトルの『ねじ式』は、シリツの際、治療のため女医によって取り付けられた切れた血管と血管を接続するためのネジからきている。女医自身はこの治療法を『○×方式』と呼び、少年に決してそのネジを締めることのないよう、注意する。

作品の舞台となった漁村は主に千葉県鴨川市太海漁港といわれている。作中で主人公の少年がキツネの面を付けた少年の運転する蒸気機関車によって連れ戻される「もとの村」に描かれた民家の建て込んだ場面の絵にそっくりな場所が、太海漁港のすぐそばに今も見つけることができる。

発表当時、そのシュールな作風と常軌を逸した展開から大いに話題となり、フロイト流の精神分析による評論まで試みられた。

映画編集

出演編集

スタッフ編集

  • 監督:石井輝男
  • 助監督:三木秀則
  • 撮影:角井孝博
  • 音楽:瀬川憲一
  • 録音:曽我薫
  • 照明:野口素胖

ゲーム編集

つげはかつてスーパーマリオブラザーズがお気に入りで、息子とよく遊んでいたという。この事があり、自作の漫画のゲーム化を許諾した。つげ自身も制作協力している。

内容は作家である主人公「T」が、ふとした事でつげ作品の世界を彷徨い歩き、様々なつげキャラクター(キクチサヨコ(紅い花)、小林チヨジ(もっきり屋の少女)、ほんやら洞のべんさん、元プロレスラーの痴漢男(必殺するめ固め)、「ねじ式」の少年、「ゲンセンカン主人」の登場人物など)と出会う。その中で自分自身とはなにか、という問いを解していくというノベル風アドベンチャーゲームとなっている。

付録として漫画「ねじ式」「紅い花」などが掲載された冊子、店頭などで使われたデモディスクが付いている。なお、PC-9800用よりも後発のX68000用は、そのハードに合わせた作りになっており、グラフィックや音楽、効果音などがよりリアルになっている。当時のパソコンゲームとしてはフロッピーディスク3枚組(約3メガバイト強)という大作であった。

「ねじ式」のパロディ 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集


de:Nejishiki

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はねじ式にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki