FANDOM


テンプレート:Otheruses テンプレート:文学ふたり』は、赤川次郎の小説。1989年1月新潮社刊。事故死してしまったしっかり者の姉と、姉に頼ってばかりいた妹との、奇妙な共同生活を温かくつづる。大島弓子がカバーイラストを手がけた。

現在までの発行部数は、240万部を越えている。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ 実加が中学二年の時、姉の千津子は交通事故で死んでしまう。ところがその後、死んだはずの姉の声が実加の頭の中に聞こえてくるようになった。姉の声は自分にしか聞こえないけれど、自分を確実に見守ってくれているのだ。

姉の死でノイローゼになった母、突然単身赴任する父、親友の父の死や心中騒動など、実加の周りでは様々な事件が起こる。そして実加が姉の年齢に近づいたある時、父の浮気が発覚する。さらには姉の声も聞こえなくなってしまう。

映画編集

1991年に映画化された。「新・尾道三部作」の第一作目。 映画は原作にほぼ忠実で赤川自身でさえ限りなく近いので驚いたという。

スタッフ
監督 大林宣彦
脚本 桂千穂
音楽 久石譲
美術 薩谷和夫
撮影 長野重一
編集 大林宣彦
製作 川島国良 大林恭子 田沼修二
プロデューサー 大林恭子 太田智朗 小出賀津美
キャスト
北尾美加 石田ひかり
北尾千津子 中嶋朋子
北尾治子 富司純子
北尾雄一 岸部一徳
神永哲也 尾美としのり
内田祐子 増田惠子
長谷部真子 柴山智加
前野万里子 中江有里
中西敬子 島崎和歌子

ドラマ編集

NHK総合編集

  • 1990年11月9日と16日の2回、NHK総合でNHK子どもパビリオンとして放送。
  • 映画と同時撮影のためキャストは同じだが、実加が千津子を回想する場面から始まるなど、オンエア時間にあわせるため大林監督自身によりカット・編集がおこなわれている。竹中直人演じる医師も、NHK版ではまったく登場しない。

テレビ朝日編集

1997年4月14日~6月23日まで全11回でテレビ朝日系列月曜ドラマ・インとして放送。

スタッフ編集

キャスト編集

北尾実加:奥菜恵
北尾千津子:一色紗英
北尾治子:田中好子
北尾雄一:蟹江敬三
神永智也:河村隆一
中西敬子:小嶺麗奈
長谷部真子:山口紗弥加
前田哲夫:小橋賢児
杉本光太:柏原収史

放送日・サブタイトル・視聴率編集

各話放送日サブタイトル視聴率
第1話1997/4/14お姉ちゃんの死14.0%
第2話1997/4/21私が死ねばよかった9.4%
第3話1997/4/28ひどい仕打ち9.5%
第4話1997/5/5突然のさよなら…10.3%
第5話1997/5/12切り裂かれた思い出9.3%
第6話1997/5/19バラバラになった家族‼9.2%
第7話1997/5/26もう誰も信じない‼8.5%
第8話1997/6/3ずっとお前が好きだった10.2%
第9話1997/6/10あばかれた嘘と秘密‼10.8%
第10話1997/6/17サヨナラ実加もう会えない‼10.4%
最終話1997/6/24運命の事故と永遠の別れ9.9%

平均視聴率 10.1%ビデオリサーチ調べ・関東地区)


テンプレート:前後番組


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はふたりにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki