FANDOM


まあだだよ
監督 黒澤明
製作 黒澤久雄
脚本 黒澤明
出演者 松村達雄
香川京子
井川比佐志
所ジョージ
音楽 池辺晋一郎
撮影 斎藤孝雄
上田正治
編集 黒澤明
公開 1993年4月17日 日本の旗
上映時間 134分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
IMDb
  

まあだだよ』は、黒澤明監督の日本の映画作品であり、黒澤監督の遺作となった作品。1993年東宝公開。

内田百閒の随筆を原案として、百閒の日常と、彼の教師時代の教え子との交流を描いた作品。

戦前から戦後にかけての内田百閒の生活が描かれているが、黒澤作品の前・中期によく見られる戦闘・アクションシーン等は皆無であり、終始穏やかなトーンで話が進行する。

百閒を演じる松村達雄、その妻の香川京子、そして教え子役の所ジョージなど、出演者の好演が光る名作である。

あらすじ 編集

法政大学のドイツ語教師・百閒先生は随筆家として作家活動に専念するため学校を去ることになり、生徒達は『仰げば尊し』を歌って先生を送る。先生の家にはかつての門下生達が毎晩のように集まり、馬肉と鹿肉を使った馬鹿鍋を囲んで宴を開く。しかし楽しい時も束の間、やがて戦争の足音が先生の生活にも忍び寄り、先生は空襲で家を失う。戦後、先生と奥さんは知人から借りた小屋で数年を過ごす。昭和21年、門下生達が主催した「摩阿陀会」が開かれた。なかなか死にそうにない先生に「まあだかい?」と訊ねるという趣旨の会だ。先生はビールを一気飲みし、元気良く「まあだだよ!」と叫ぶ。その後「ノラ騒動」など色々なことが起こるが、月日は経って「摩阿陀会」もついに十七回を数えるようになった。門下生達の頭にも白髪が混じるようになり、彼らの孫も参加するようになったこの会で、先生は小さな子供たちに「皆さん、自分が本当に好きなものを見つけてください」と言葉を送る。途中、先生は体調を崩し門下生達に付き添われて帰宅。ぐっすり眠る先生は、子供の時に遊んだかくれんぼの夢を見ていた。

キャスト 編集

エピソード 編集

黒沢清監督は「黒澤明では『まあだだよ』が好き。あっこ(あそこ)まで行ったら最早凄いよね」と語っている。ビートたけしは黒澤に「俺は使わないの?」と訊いた事があった。しかし、黒澤は「使わないよ。お前言う事聞かないじゃないか」と言ったという。たけしは「所使ったじゃない」と言うと、「あれは役者じゃ無いじゃないか」と返したという。たけしによれば、黒澤は犬や猫の様な感覚で所を起用したらしい。当の所は「それで黒澤さん、俺の時何にも文句言わなかったんだ~」と呟いたという。

de:Madadayofr:Madadayo it:Madadayo - Il compleanno pt:Madadayo ta:மடடாயோ

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はまあだだよにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki