FANDOM


テンプレート:文学 1980アイコ十六歳(1980あいこじゅうろくさい)とは、堀田あけみ1981年に刊行した日本小説である。『アイコ十六歳』は映画の題名である。

テレビドラマ・映画が作られ(ともに題名は改題された)、テレビドラマは続編も制作されている。原作と同タイトルの漫画版が飯塚修子の作画で発表されている。

名古屋舞台に、弓道部に所属する高校生三田アイコ(TV版のみ織田アイコ)の学園生活を描いた物語

小説編集

堀田あけみ愛知県立中村高校在学中の1981年、史上最年少(当時)の17歳で文藝賞を受賞した作品。同年12月には単行本が河出書房新社より出版された。

好きなおしゃべりをしているときの気持ちが描写されているなど、高校生の年代の女性の気持ちを描写した小説として、同世代の共感と、他世代の評価を得た。

テレビドラマ・アイコ16歳編集

1982年にTBS系列で放送された。全2回。

スタッフ編集

キャスト編集

映画アイコ十六歳編集


スタッフ編集

キャスト編集

テレビドラマ・アイコ17歳編集

テレビドラマの続編。主役のアイコは伊藤つかさが引き続き演じているが、一部キャストは変更されている。1984年にTBS系列で放送された。全2回。

スタッフ編集

キャスト編集

リンク編集

漫画版 編集

飯塚修子の作画で、週刊マーガレット上で連載された。1982年に単行本が出版された。


テンプレート:Movie-stub テンプレート:Lit-stub テンプレート:Tv-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアイコ十六歳にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。