FANDOM


アカルイミライ
Bright Future
監督 黒沢清
製作 浅井隆
野下はるみ
岩瀬貞行
脚本 黒沢清
出演者 オダギリジョー
浅野忠信
藤竜也
音楽 パシフィック231
蓮実重臣三宅剛正
撮影 柴主高秀
編集 黒沢清
配給 アップリンク
公開 2003年1月18日(日本)
2003年12月3日(フランス)
上映時間 115分(オリジナルバージョン)
92分(海外バージョン)
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
IMDb
  

アカルイミライ』は、2003年公開の黒沢清監督・脚本による日本映画

概要編集

2001年の映画『回路』で第54回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞し、世界的に注目されるようになった黒沢清監督の2年振りの作品で、オダギリジョーの映画初主演作である。第56回カンヌ国際映画祭(2003年)のコンペティション部門に正式出品された。日本国内で公開された115分バージョンと、海外で公開された92分バージョンが存在する。いずれも監督本人による編集である。

本作の制作過程を撮影したドキュメンタリー映画曖昧な未来、黒沢清』が藤井謙二郎監督により製作され、2003年2月28日に劇場公開された。

あらすじ編集

東京のおしぼり工場で働く青年・仁村雄二(オダギリジョー)は、内に秘めた焦燥感と凶暴性を抑制しながら無気力な日常生活を過ごしていた。雄二が心を許せる存在は同僚の有田守(浅野忠信)だけであったが、ある日、守は飼っていたアカクラゲを雄二に残して突然姿を消してしまう。

呆然とする雄二の前に守の父・真一郎(藤竜也)が現れ、雄二と真一郎の奇妙な生活が始まる。

スタッフ編集

アカルイミライ製作委員会編集

キャスト編集

受賞、ノミネート編集

その他編集

藤竜也が、車の中で宮沢賢治の『星めぐりのうた』を歌っている。

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアカルイミライにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki