FANDOM


テンプレート:Otherusesアヴァロン』(Avalon)は2001年日本映画アクション映画、また、SF映画。およびその関連小説。

概要編集

2001年1月20日、日本公開。上映時間106分。言語はポーランド語

アニメ映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』によって国内外ですでに評価されていたアニメ監督、押井守実写に挑んだ作品として有名である。彼の劇場用の実写映画作品としては、4作目に当たる。

この作品の公開に際して、押井は「すべての映画はアニメである」という持論を語った。実写として撮影しても、編集や後処理によってコントロールすれば、それはもうアニメである。デジタルでは特にそれが顕著である、と。

また、日本ヘラルド映画等、日本の会社が製作したので日本映画なのだが、すべてポーランドで撮影されており、役者もすべて日本人ではない。登場する銃火器や軍用車輌なども一部を除いて本物であり、特にMi-24ハインド対戦車ヘリの登場シーンは圧巻である。押井自身、ハインドが借りられるのを理由に(それも作品のためというよりは純粋にマニアとして本物に触りたかった為に)ポーランド撮影を選択したと記している(著書「メカフィリア」より)。

物語はアヴァロンという仮想世界に入るゲームをテーマとしている。このあたりの設定は映画『マトリックス』と似ているが、『マトリックス』を作ったウォシャウスキー兄弟は『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』に影響されて『マトリックス』を作ったと公言しているため、押井守が『マトリックス』からアイデアを頂戴したということではない。同じ系統の作品には、音楽スタッフの川井憲次がテレビドラマ版において同じく音楽を担当した『クラインの壷』がある。

本来の「アヴァロン」とは、アーサー王伝説に登場する島の名前で、負傷したアーサー王モルガン・ル・フェによって運ばれた場所とされる。

押井が『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』や『機動警察パトレイバー』、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』で語ってきたテーマ、「現実ではなくても、それがその人にとって気持ち良いものならば、それはその人にとっては現実ではないのか?」というテーマによって作られている。

解散したデジタルエンジンのスタッフが多く参加した。そもそもこの映画は押井の他の多くの実写映画と同じく、凍結中の『G.R.M. THE RECORD OF GARM WAR(ガルム戦記)』の「オトシマエ」、つまり書類上の企画を「落とさない」ために作られたものである。

また、押井が傾倒しているコンピューターRPGウィザードリィ』の要素が色濃く反映されており、押井版『ウィザードリィ』とも言える(登場人物の名称ならびに職名は全て『ウィザードリィ』に登場した用語である)。

スタッフ編集

  • 監督:押井守
  • エグゼクティブ・プロデューサー:渡辺繁、香山哲、塩原徹、坂上直行
  • プロデューサー:久保淳
  • 脚本:伊藤和典
  • 音楽:川井憲次
  • ライン・プロデューサー:アンジェイ・グドフスキ、ヴォイチェフ・ヴィデルスキ
  • 制作担当:ヤヌシ・チェフ
  • 撮影監督:グジェゴシ・ケンジェルスキ
  • 美術:バルバラ・ノバク
  • 衣裳:マグダレナ・テスワフスカ
  • ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザー:古賀信明
  • デジタル・アート・ディレクター:林弘幸
  • 美術デザイナー:渡部隆
  • メカニックデザイナー:竹内敦志
  • 音響デザイナー:井上秀司、ランディ・トム
  • 音響監督:若林和弘
  • 特殊造型:品田冬樹

キャスト編集

アッシュ
マウゴジャータ・フォレムニャック(吹き替え:財前直見
ゲームマスター
ヴァディスワフ・コヴァルスキ(吹き替え:日下武史
マーフィー
イエジ・グデイコ(吹き替え:木下浩之
ビショップ
ダリュシュ・ビスクプスキ(吹き替え:大塚明夫
スタンナ
バルテック・シヴィデルスキ(吹き替え:山寺宏一

あらすじ編集

近未来、"アヴァロン"という名のオンラインゲームが若者の間で熱狂的な支持を得ていた。プレイヤー達は、専用端末を介して仮想現実空間に接続し、単独またはパーティを組んで、実在の武器や兵器を用いて戦う。ゲーム中でランクに応じたミッションをこなすことで、現実世界で使える報酬を得ることが出来るが、ゲームから抜け出せずに"未帰還者"となる人間を生み出すこともあるため、過激な非合法ゲームとされていた。

"アヴァロン"の凄腕プレイヤー・アッシュは、かつては最強と呼ばれた伝説のパーティ"ウィザード"の戦士だったが、パーティが崩壊して以来、ソロプレイヤーとして"アヴァロン"に参加し続けていた。愛犬と暮らす自室と"アヴァロン"の仮想空間が、今の彼女の日常だった。

ある時、挑発的にもアッシュと同じ戦法でアッシュよりも速いクリアタイムを記録したプレイヤー・ビショップが現れた。その正体をつかめずにいたアッシュは、元"ウィザード"の盗賊・スタンナと再会し、"ウィザード"のリーダーだったマーフィーが、単独でクラスAのステージに現われるという隠れキャラクター"ゴースト"を追い、そのまま"未帰還者"となってしまったことを知る。アッシュは病院に赴くが、廃人となったマーフィーは何も語らなかった。"ゴースト"と"未帰還者"の関連性を探るうち、"アヴァロン"プログラムの供給者とされる"九姉妹"の名に行き着く。

やがてスタンナが"ゴースト"の出現条件を解いた。クラスAのステージをクリアした際、レベル12以上の司教=高位聖職者がパーティにいること。マーフィーはソロプレイヤーでありながら高位聖職者でもあったため、条件を満たしていたのだ。しかし戦士であるアッシュがそれまでの経験値を捨てて司教に転職し、さらにソロプレイヤーとして高位聖職者まで成長することは非現実的な話だった。現役の高位聖職者とパーティを組む必要があることは明らかだが、"ウィザード"のメンバーだったという過去がその障害になることをスタンナが指摘。アッシュは"九姉妹"との関係を疑いながらもビショップにパーティメンバーの招集を依頼した。

そして始まるクラスAでの戦闘。メンバーにはスタンナも加わっていた。アッシュ・スタンナ・ビショップたちはクラスA最強の敵を倒してステージをクリア、"ゴースト"との遭遇を果たす……。

小説編集

Avalon 灰色の貴婦人

作:押井守 イラスト:toi8 刊:メディアファクトリー MF文庫J
ISBN 4840107424

「308」と呼ばれるアヴァロン世界における傭兵の物語。「灰色の貴婦人」と呼ばれる謎の戦士との出会いを通し、アヴァロンの謎に迫る。

cs:Smrtící Avalon de:Avalon – Spiel um dein Lebenfr:Avalon (film, 2001) it:Avalon (film 2001) nl:Avalon (film) pl:Avalon (film) ru:Авалон (фильм, 2001) uk:Авалон (фільм)

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアヴァロン (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki