FANDOM


ガス人間第一号
監督 本多猪四郎
製作 田中友幸
脚本 馬淵薫
出演者 三橋達也
八千草薫
音楽 宮内國郎
撮影 小泉一
編集 平一二
公開 1960年12月11日 日本の旗
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
  

ガス人間第一号』(がすにんげんだいいちごう)は、1960年12月11日に公開された、東宝製作の特撮映画変身人間シリーズ第4弾。イーストマンカラー東宝スコープ。上映時間は91分。

なお本来のタイトルの「第」の字は略字であるが、この場では便宜的に「第」の字で代用するものとする。

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ 東京で不可解な手口による銀行強盗が頻発する。警察は容疑者を半ば強引に逮捕するが、そこに真犯人を名乗る男があらわれる。男は違法な人体実験の果てにガス人間にされてしまった被害者だった。ガス人間は、自分が愛する女性、零落した日本舞踊・春日流の家元・藤千代のために、銀行強盗をして大金を貢いでいたのである。ガス人間は留置場から自分をガス化して楽々と脱獄する。そして世間の顰蹙を買う中で、藤千代の発表会が行われる。しかし観客の一部には藤千代の踊りの鑑賞が目的ではなく、「ガス人間を出せ!」などと罵声を浴びせる。怒ったガス人間が本性を現し逃げまどう観客たち…観客がいなくなった場内、それでも藤千代はガス人間の為に踊り続けるのだった――。

スタッフ 編集

本編 編集

特殊技術 編集

特殊視覚効果 編集

キャスト 編集

主題歌 編集


その他 編集

  • 英題は『The Human Vapor』。
  • 当作品はオリエントな要素が受け、アメリカで大ヒットした。そこで、アメリカの映画会社によって、『フランケンシュタイン対ガス人間』という続編が企画された。アメリカで企画書を見た田中友幸が土屋に語ったところによれば「藤千代を蘇らせる為にガス人間がフランケンシュタイン博士を探す」というものであったそうだ。(『怪獣大戦争』のDVDでの土屋嘉男オーディオコメンタリーより)この企画は後の『フランケンシュタイン対地底怪獣』へとつながる。
  • 本作のBGMの一部は、後に宮内國郎が音楽を担当した『ウルトラQ』『ウルトラマン』に流用されている。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はガス人間第一号にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki