FANDOM


キッズ・リターン
監督 北野武
製作 森昌行
柘植靖司
吉田多喜男
脚本 北野武
出演者 金子賢
安藤政信
森本レオ
石橋凌
山谷初男 他
音楽 久石譲
撮影 柳島克己
編集 北野武
太田義則
配給 オフィス北野
ユーロスペース
公開 1996年7月27日
上映時間 108分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
IMDb
  


キッズ・リターン』は、1996年に公開された日本映画。シンプルなストーリーとしっかりした画面構成が故・淀川長治に絶賛された。

概要 編集

北野武の第六作目となる監督作品。オフィス北野バンダイビジュアルによる製作。

様々な青年たちが汚い大人の世界に踏み込み、過酷な現実を味わう模様を描いた作品で、主人公二人が校庭で自転車の二人乗りをし、言葉を交わすシーンが印象的である。

本作でデビューした安藤政信の出世作として知られる。 テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

落ちこぼれの高校生マサルとシンジは、高校が受験ムードになっても悪戯やカツアゲなどをして勝手気ままに過ごしていた。ある日、カツアゲの仕返しに連れて来られたボクサーに一発で悶絶したマサルは、自分もボクシングを始め舎弟のシンジを誘うが、皮肉にもボクサーとしての才能があったのはシンジだった。

ボクシングの才能がないと悟ったマサルはボクシングをやめ、以前にラーメン屋で出会ったヤクザの組長のもとで極道の世界に入り、二人は別々の道を歩むことになる。高校を卒業しプロボクサーとなったシンジは快進撃を続け、マサルは極道の世界で成り上がってゆくが…。

出演者編集

メモ編集

  • 1994年のバイク事故(後述)で死に直面したことが作品の世界観に大きな影響を与えた。事故から生還し、ブランクを経て撮影された復帰作。
  • 「ビートたけし」つまり「北野武」本人は出演していない。ビートたけし自身が出演していない作品は『あの夏、いちばん静かな海。』と『Dolls』、そして本作の3作品のみ。
  • 本作で登場する学校は、サレジオ学院高等学校が1995年4月に川崎市宮前区鷺沼から横浜市都筑区南山田に移転した際の跡地を利用したものである。作品中に登場する職員室の扉にある落書き"浜崎のウンコ野郎"の"浜崎"は、サレジオ学院に実際に勤めていた教員の名前である。
  • たけしは漫才ブームの頃から「いつか『レイジング・ブル』のようなボクシング映画を撮ってみたい」と語っており、この構想の一端は1996年に監督した映画『キッズ・リターン』で実現することとなった。この映画の中で二人がジムに入門し、やがて異なる道を歩んで行くくだりは、たけしがボクシングを習い始めた時代に活躍していた東洋フェザー級チャンピオン・関光徳のエピソードから着想を得ている。また、ラストシーンで二人が交わす台詞は、世界王座復帰に執念を燃やしていた辰吉丈一郎に贈られたものでもある。

外部リンク編集


de:Kids Returnfi:Kids Return fr:Kids Return it:Kids Return pl:Kids Return

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はキッズ・リターンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki