FANDOM


キネマの天地(きねまのてんち)は、1986年に公開された松竹製作の日本映画。

松竹大船撮影所50周年記念作品。舞台は松竹が撮影所を大船に移転する直前の1934年頃の蒲田撮影所。城戸四郎所長以下、若き日の斎藤寅次郎島津保次郎小津安二郎清水宏ら気鋭の監督たちが腕を競い、田中絹代がスターへの階段を上りかけた黄金期である。この時代の映画人たちをモデルにして書かれた脚本には井上ひさし山田太一も参加した。また、浅草の映画館の売り子からスター女優になる主役の「田中小春」役を藤谷美和子が降板し、有森也実が抜擢されて話題になった。

ストーリー編集

テンプレート:ネタバレ 浅草の映画館で売り子をしている田中小春は、旅回りの役者だった父喜八と二人で長屋で暮らしていた。ある日、小倉監督の目にとまり、蒲田撮影所の大部屋にはいる。しかし、エキストラでの演技がうまくいかず父の下へ帰る。そんな小春を助監督の島田が迎えに来て撮影所に戻る。熱心に映画を語る島田に徐々に惹かれていく。翌年、小春は大作「浮草」の主役に抜擢される。壁にぶつかり帰ってきた小春に喜八は一座の看板女優だった母との恋愛話を語って励ます。やがて、映画は完成し、小春はスターになる。一方、喜八はそんな娘の姿をスクリーンで見ながら静かに息を引き取る。

スタッフ編集

キャスト編集

特別出演

エキストラ

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はキネマの天地にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki