FANDOM


テンプレート:文学クロスファイア』は光文社出版の宮部みゆき小説。後に映画化された。

この小説の前の話は短編小説『鳩笛草 燔祭/朽ちてゆくまで』の「燔祭」で描かれている。

ストーリー編集

念力放火能力(パイロキネシス)』という超能力を持って生まれた女性、青木淳子(あおき じゅんこ)は、力を「ガス抜き」のために放出しに向かった廃工場で、瀕死の男性を運んできた4人の若者を目撃する。淳子は男性を救うため力を解放して、次々と若者を燃やしていくが、残る一人「アサバ」を逃してしまう。

瀕死の男性から若者達に恋人の「ナツコ」が連れ去られた事を聞いた淳子は、「ナツコ」を助けるため、わずかな手がかりを元に「アサバ」を探し出す。一方、放火捜査班の石津ちか子刑事はこの事件に、昔起きた不可解な焼殺事件と同じ匂いを感じ、それを起こした犯人が再び現れた事を悟る。

書籍編集

文庫版

映画 編集

クロスファイア
監督 金子修介
製作 東宝東京放送
脚本 山田耕大
横谷昌宏
金子修介
出演者 矢田亜希子
音楽 大谷幸
撮影 高間賢治
編集 冨田功
配給 東宝
公開 2000年6月10日 日本の旗
上映時間 115分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
IMDb
  


平成ガメラ3部作と『デスノート』の金子修介を監督として2000年6月10日東宝系にて公開された。矢田亜希子はこの映画で初の主演を務め、長澤まさみはこの映画でデビューする。ストーリーは宮部の別の短編小説『鳩笛草』に収録の短編「燔祭」も使い、オリジナルストーリーに仕上げている。

キャスト 編集

ストーリー編集

青木淳子(矢田亜希子)は、パイロキネシスを使う能力者の家系であり、母親から「あなたは怒ってはいけない、お友達の側に寄っちゃ駄目、その力を使っては駄目なの」と言われ続けて育った。そのため社会人になってからも他人と関わる事が出来ず、同僚からも陰口を言われる女性となった。そんなとき、同僚の多田一樹(伊藤英明)と出会い、親交を深めていく。

しかし、彼女が得た束の間の幸せは、ゲーム感覚の女子高生轢殺事件を繰り返す不良少年グループに多田の妹が殺害されてから終わりを迎える。彼らは殺人を犯したにも拘らず、リーダー格の小暮昌樹(徳山秀典)の父親のコネと、証拠不十分だということで無罪放免となっていた。怒れる多田は包丁を持って小暮を襲うが、淳子が制止し「木暮達は私が殺す」と宣言する。彼女は、面白半分で人を殺し、自らを「時代の英雄」とうそぶく小暮達に対して激しい「怒り」を覚えていたのだ。

やがて、淳子は自らに近づく対犯罪組織「ガーディアン」のメンバー木戸浩一(吉沢悠)の助けによって、犯人グループの少年達に容赦なき制裁を加える。生き残った小暮を追う淳子を、女子高生轢殺事件を捜査していた石津ちか子(桃井かおり)と牧原(原田龍二)が追う。少年時代に弟をパイロキネシス能力者の少女に殺された牧原は、犯人がパイロキネシス能力の保持者であると見る。やがて「ガーディアン」の暗部が露呈され、事件は意外な結末へと収束していく。

スタッフ 編集

  • 配給:東宝
  • 監督:金子修介
  • 脚本:山田耕大横谷昌宏、金子修介
  • プロデューサー:瀬田一彦、本間英行、濱名一哉、田上節朗
  • 製作担当者:前田光治
  • 音楽:大谷幸
  • 音楽プロデューサー:北原京子
  • 助監督:村上秀晃
  • 美術:三池敏夫
  • 美術助手:稲村正人、春日佳行、樫山智恵子、小林真木
  • 企画協力:蒔田光治金子弦二郎

主題歌 編集

「The One Thing」Every Little Thing

関連作品 編集

  • R.P.G.』 - 石津ちか子が登場。『模倣犯』とのクロスオーバー作品
  • DEATH NOTE』 - 金子修介監督が『クロスファイア』の後に撮影した『法で裁けぬ悪を裁く特殊能力者』の物語。比較されることがある。

テンプレート:Lit-stub テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はクロスファイア (小説)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki