FANDOM


クローズZERO』は、漫画『クローズ』を原作とした、2007年10月27日公開の日本映画PG-12指定。興収約25億円。第17回日本映画批評家大賞の主演男優賞(小栗旬)、助演男優賞(やべきょうすけ)を受賞。

主人公の坊屋春道が転校する1年前の完全オリジナルストーリーである。

2008年4月18日に最凶エディション、プレミアムエディション、スタンダードエディションの3種のDVDが発売。

日刊スポーツ紙(2008年5月13日付)にて、続編制作決定したことが報じられた。前作から8ヵ月後という設定で、来年公開に向けて7月クランクイン予定。

概要 編集

  • 『クローズ』連載中の頃からの映画化の話を全て断っていたが、完全オリジナルストーリーという条件で実現した。
  • 三池崇史監督とやべきょうすけは、『大阪最強伝説 喧嘩の花道』(1996年)の監督・主演コンビでもある。
  • 原作ではほとんど登場しない女性キャラが登場しており、ヒロインライブハウスで歌うボーカリストという設定のため、ライブシーンを披露している。

スタッフ 編集

キャスト 編集

余談 編集

  • 学校のシーンの撮影は2005年3月をもって廃校となった旧大阪府立高槻南高等学校で行われた。卒業生など関係者の意向により演出上必要なペインティングなどはペンキを使わずカッティングシートで代用するなど工夫し、完全な形で現状復帰が出来るようにして行われた。なお、この場所では『ゲゲゲの鬼太郎』『初雪の恋 ヴァージン・スノー』の撮影も行われた(朝日新聞 2007年11月8日発行の関西版夕刊 「GoGo!ロケ地探検隊」より)。

外部リンク 編集


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はクローズZEROにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki