FANDOM


ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!
監督 芹川有吾
製作 羽佐間重彰
今田智憲
脚本 星山博之
出演者 戸田恵子
田の中勇
富山敬
三田ゆう子
戸川京子
江森浩子
永井一郎
八奈見乗児
屋良有作
高坂真琴
川浪葉子
杉山佳寿子
塩屋翼
大竹宏
佐藤正治
小林通孝
はせさん治
小野坂昌也
青野武
加藤雅子
小口久二子
摩味
塩屋浩三
丸山裕子
小宮山清
戸谷公次
若本規夫
宮川洋一
音楽 川崎真弘
主題歌 ゲゲゲの鬼太郎、おばけがイクゾー/吉幾三
撮影監督 白井久男
撮影 チーフ:大藤哲生
池上元秋
前原勝則
鈴木典子
佐伯清
黒田洋一
池谷和美
編集 吉川泰弘
配給 東映
公開 1986年7月12日
上映時間 49分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争
次作 ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱
  


ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!! 』(げげげのきたろう さいきょうようかいぐんだん!にっぽんじょうりく)は1986年7月12日に公開されたゲゲゲの鬼太郎(第3期)テレビシリーズ映画の第3弾。配給は東映。上映時間は49分。カラー、ワイド。


解説 編集

1969年に「週刊少年マガジン」に連載された「妖怪反物」を原作に3作連続で星山博之がシナリオ化。ベテラン芹川有吾監督が見事な演出術を駆使して製作(この作品が映画では遺作)。

第3期映画4作品の中で、キャラクター原作ストーリー共に忠実に作られている。第3期テレビシリーズに登場した妖怪達が総出演するのも今回の見せ場で、特に日本妖怪対中国妖怪の攻防シーンは各妖怪の個性が生き生きとあがかれており透逸。

作画陣は第1作の山口泰弘が再び作画監督を担当し、「宇宙戦艦ヤマト」の宇田川一彦がサポートとして原画を担当。天童ユメコのセミヌードも印象的だが人間と妖怪の共存も明確で、ラストの盆踊り大会等のシーンも強調的で子供向けアニメの枠を超えた興奮と感動を観る者に与える作品に仕上がっている。

ストーリー 編集

那須高原ピクニックに行った天童家。ユメコは玄翁山殺生石中国行商人から反物を買い、母・優子に綺麗な浴衣を作ってもらう。その理由は人間妖怪の友好盆踊り大会に出る為であった。その準備中他に来るはずの妖怪がなかなか来なく砂かけ婆も行方不明になっていた。

ねこ娘と待ち合わせしていたぬりかべは中国妖怪チーと名乗る老人に丸薬を飲まされ反物に変えられてしまったのだ。その状況を見たねこ娘は不審に思いチーの後を追い始めた。でチーは反物を人々に安く売りさばき始めた。

そして山奥の洞窟に入っていきねこ娘はそこで恐ろしい光景を目撃する。黒怪物、くしゃみの精、山魈、画皮、妖犬、天狗等の手下を引き連れて中国妖怪による世界征服と妖怪反物を使って人間を操る事、そうチーがユメコや町の人々に売りさばいていた反物は、捕らえていたぬりかべや砂かけ婆を含め一つ残らず妖怪たちの変わり果てた姿「妖怪反物」であった!

そしてみるみる内に洞窟は崩れ初め洞窟を抜け出したねこ娘と丸毛は更に恐ろしい光景を目の当たりした。洞窟のあった山が大爆発を起こし代わりに中国妖怪の本拠地「妖怪城」が建っていた。急いで鬼太郎に知らせないと大変な事にだが時はすでに遅く鬼太郎に妖怪反物で作った浴衣を見せようとしたユメコを始め妖怪反物を買った町の人々はチーがキセルを吹いた途端中国妖怪の僕となってしまった。

スタッフ 編集

キャスト 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ 編集

エンディングテーマ 編集

    • おばけがイクゾー
      • 作詞・作曲:吉幾三 編曲:野村豊 歌:吉幾三

挿入歌 編集

同時上映 編集

テンプレート:ゲゲゲの鬼太郎の映画 テンプレート:ゲゲゲの鬼太郎

テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki