FANDOM


ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』(ゴジラ・ミニラ・ガバラ オールかいじゅうだいしんげき)は1969年に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第10作である。1969年12月29日公開。観客動員数は148万人。併映は『巨人の星 ゆけゆけ飛雄馬』、『コント55号 宇宙大冒険』。

テンプレート:ネタバレ

概要及び評価編集

登場怪獣はゴジラミニラガバラカマキラス。ライブフィルムでクモンガアンギラスゴロザウルスマンダエビラ、大ワシが登場した。これらは一郎少年が夢の中で創造したものである。(ポスターにはアンギラス、マンダ、大ワシが載っていない)

ゴジラ作品唯一の教育映画であり、現実世界を舞台としている。当時話題になっていた公害問題や「鍵っ子」を取り上げており、封切り時間は70分と短めながら、濃い内容の作品となっている(但し、公害問題についてはほんの少し触れる程度であり、これを本格的に取り上げたのは次回作『ゴジラ対ヘドラ』であった)。

特撮シーンの約半分近くは『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』等の作品のライブフィルムを使用している。ファンから「使い回し」等と評されることもあるが、怪獣対決の名場面集という捉え方もできる。

本作品は、予算的な都合と、円谷英二を始め有川貞昌ら円谷組が大阪万博の映像製作にかかりっきりであったため、従来のように本編班と特撮班とに分けず、一斑体制で製作された(特撮演出は本多監督が兼任して行っている)。こうした経緯で円谷は製作には関与していないが、スタッフの円谷に対する敬意として「監修」クレジットがなされている。

教育映画及び予算を削減して製作した作品とあってか、オールドファンからの評価はあまり良くない。しかし、海外、特に米国などでは「よくできたジュヴナイルである」と、特撮怪獣映画とは別の視点からの評価もある。

シリーズでは唯一プール撮影が行われていない。

アメリカ版ではオープニング曲が別の曲になっている。

ストーリー編集

いじめられっ子で引っ込み思案の小学生・三木一郎は、夢の中で怪獣島に住むミニラと出逢った。そこで一郎はミニラが自分を虐めているガキ大将と同名であるいじめっ子怪獣ガバラに虐められている事を知り、彼(?)を激励する。

一郎がそんな夢に浸っている最中、逃亡中の2人組の銀行強盗犯がひょんな事から一郎を人質に取ろうと企てる・・・。

怪獣島 編集

多数の地球怪獣が生息する。

本作では少年の夢の産物として登場。島へはパンアメリカン航空から「怪獣第1号」便がでている。ミニラによるとたまに島を戦闘機が襲うことがある。

スタッフ編集

キャスト編集

関連項目編集

テンプレート:ゴジラit:Il ritorno di Gorgo nl:All Monsters Attack no:All Monsters Attack sv:Godzilla's Revenge

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki