FANDOM


テンプレート:文学サウスバウンド』は、直木賞受賞第一作の奥田英朗小説。または、これを原作とした2007年10月6日公開の映画

概要 編集

原作は2005年6月30日に単行本が、2007年8月31日に文庫版が発売された。本作は奥田英朗が3年かけて完成させたというもの。文庫版は上巻と下巻に分かれている。  元過激派の父が起こす大騒動に翻弄されながらも、東京→沖縄への移住を通して家族の絆、息子二郎の成長していく過程を描いている。

登場人物 編集

上原 一郎
上原家の主。元活動家で、彼の行動は家族を悩ませている。映画版では「ナンセンス」という言葉を口癖としていると言う設定が追加。
上原 さくら
一郎の妻、元活動家。実の子供にも話していない過去がある。
上原 洋子
上原家長女。グラフィックデザイナーとして働いている。
上原 二郎
上原家長男。原作は彼の視点から描かれている。
上原 桃子
上原家次女。父に構われるのが大好き。
新垣巡査
西表島駐在所の巡査。洋子に一目惚れをする。
校長先生
堀内たけ
南先生
二郎の担任。一郎への対応に困る。
リンゾー
二郎の友人。苗字が「間宮」なので「リンゾー」という渾名で呼ばれている。

映画 編集

キャスト 編集

東京編 編集

沖縄編 編集

スタッフ 編集

主題歌 編集


外部リンク 編集


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はサウスバウンドにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki