FANDOM


テンプレート:文学ジューンブライド 6月19日の花嫁』(じゅーんぶらいど ろくがつ じゅうくにちのはなよめ)は、乃南アサ小説、ならびに松竹配給で1998年6月13日初公開のサスペンス映画/ロマンス映画。 テンプレート:ネタバレ

あらすじ編集

本来幸せな結婚をするはずの池野千尋が結婚式を目前に事故で記憶を失った。気がつくと見知らぬ男の部屋に寝かされ、全ての事に混乱する。しかし、その後分かったことは自分が6月19日に結婚する予定だった事だけ。自分の過去を調べていくうちに明らかとなっていく意外な事実、そして事態は思わぬ展開を見せる。記憶を失った花嫁は、予想外の事態に翻弄されながらも少しずつ過去を探っていく。記憶を取り戻すことへの恐怖や現実を知った時のショックを経験するごとに強くなっていく女の姿を描いている。直木賞作家である乃南アサの原作を基に大森一樹監督が映画化。

ロケ地編集

東京都福生市を中心にロケが行われた。映画のエンディングで燃えていたのは、国道16号の新道と旧道の分岐あたりにあった工場跡地。撮影当時は建物があったが、現存していない模様。

出演編集

スタッフ編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はジューンブライド 6月19日の花嫁にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki