FANDOM


テンプレート:Otherusesスウィートホーム』 (SWEET HOME) は、1989年1月21日東宝系にて公開された日本のホラー映画である。

あらすじ 編集

テレビ取材班5人がフレスコ画家、間宮一郎の遺作が残る屋敷にやってきた。壁画を修復すると壁面から連作と思われる別な絵が現れた。 着々と取材を進める一行に怪奇現象が忍び寄り取材を断念、引き上げる準備を始める。 しかし犠牲者が出た上、エミが捕われてしまう。呪われた屋敷からエミを取り返し脱出できるのか…。

登場人物編集

早川秋子(はやかわ あきこ)
ディレクター。きびきびとしたしっかり者のキャリアウーマン。星野和夫と付き合っており愛しているが優柔不断な面に不満も持っている。星野の娘のエミのことは妹のように可愛がっている。
星野和夫(ほしの かずお)
プロデューサー。エミの父。陽気で明るい人物だが反面、優柔不断な面があり、早川秋子を愛しているもののなかなか結婚を言い出せないでいる。
星野エミ(ほしの えみ)
和夫の娘。明るく活発な少女だが内心には幼い頃になくした母への思慕を抱いている。秋子を慕っており母になって欲しいと願っている。夏休みであるため父に同行している。
田口 亮(たぐち りょう)
カメラマン。カメラマンとしては優秀だが少々浅慮なところがありトラブルメーカー。
アスカ(あすか)
番組のレポーター役。神秘的な雰囲気を持つ若い女性。芸術に造詣があるらしく間宮邸の壁に描かれたフレスコ画の修復作業も担当する。霊感が強いようで間宮邸の怪異に真っ先に反応した。
山村健一(やまむら けんいち)
間宮邸から一番近いガソリンスタンドの主人。気骨のある老人で間宮家の過去の悲劇を知る人物。
間宮一郎(まみや いちろう)
フレスコ画家で間宮邸の主。故人。
間宮夫人(まみや -)
間宮一郎の妻。過去に子供を不慮の事故で亡くしている。故人。
若い上役、中年の役人
間宮邸の鍵を預かる役場の職員。間宮邸に怪異が現れるらしいことを知りながらもテレビ取材班一行に鍵を渡してしまう。

スタッフ 編集

製作:伊丹プロダクション

キャスト 編集

スウィートホームを巡る法廷闘争 編集

映画公開後、東宝よりレンタルビデオ用のビデオテープ及びLDが発売されたが、このビデオを巡って監督の黒沢が伊丹プロを提訴した。ビデオの印税が黒沢の元へ払われていないこと、ビデオ化の際、黒沢の了承なしに勝手に編集が行われていることなどが争点となったが、裁判所での判決は黒沢の敗訴となっている[1][2]。その後ビデオは廃盤となり、2007年現在DVD化も行われていない。今後もテレビでの放送や再発売も難しい作品となっている。

脚注 編集

  1. 平成4(ワ)5194 著作権 民事訴訟 平成7年07月31日 東京地方裁判所 - 裁判所ウェブサイト
  2. 平成7(ネ)3529 著作権 民事訴訟 平成10年07月13日 東京高等裁判所 - 裁判所ウェブサイト

関連項目 編集


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はスウィートホーム (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki