FANDOM


テンプレート:文学 スローなブギにしてくれ(すろーなぶぎにしてくれ)は、片岡義男小説およびそれを原作とした日本映画。または同映画の主題歌である南佳孝の楽曲。

あらすじ編集

夕暮の第三京浜をオートバイで走る青年は、白いムスタングから放り出された子猫と若い女を「拾う」。福生の旧米軍ハウスで男2人、女1人の奇妙な共同生活を送っているムスタングの男には、別居中の妻と子供がいた。ある日突然同居男性が急死したことから、辛うじて保たれていた微妙なバランスが崩れていく…

小説編集

野性時代』1975年8月号に発表され、野性時代新人文学賞を受賞し、直木賞候補にもなった片岡義男の短編小説。奔放に生きる女性に振り回される男たちの弱さと優しさを描いた同作家の代表作である。1976年3月に角川書店からハードカバーとして出版された。その後角川文庫に収載され、2007年現在もなお再版を重ねている。

映画編集

1981年公開。角川春樹事務所制作。東映配給。浅野温子の事実上のデビュー作であり、その小悪魔的な演技が話題となった。都会の寓話的な原作のトーンとは異なる重く生々しい描写と、蛇足とも思えるラストシーンについては賛否両論である。

脚本は「スローなブギにしてくれ」をベースに、「ひどい雨が降ってきた」「俺を起こして、さよならと言った」の二作品(いずれも片岡義男原作)を織り交ぜたものとなっている。

スタッフ編集

キャスト編集

主題曲 編集

サントラを担当した南佳孝自身の歌う主題曲「スローなブギにしてくれ(I Want You)」は、その印象的な歌いだしで大ヒットとなり、リリースしてから約10年後の1991年にはホンダ・シビックのイメージソングとしても使用された。ブルボンから発売された食玩CDJ'sポップスの巨人たち フォーク/ニューミュージック黄金時代編』にも南佳孝の代表曲として「モンロー・ウォーク」と共に収録されている。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はスローなブギにしてくれにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki