FANDOM


テンプレート:Otheruses テンプレート:半保護S テンプレート:文学セーラー服と機関銃』(セーラーふくときかんじゅう)は、赤川次郎の長編小説。1978年主婦と生活社刊。1981年に映画化、1982年・2006年にテレビドラマ化されている。

シリーズ概要 編集

父を事故で亡くし天涯孤独になった女子高生の星泉が、遠い血縁に当たる弱小暴力団「目高組」の四代目を継ぐ事になり、4人の子分と共に対立するヤクザと戦う、というストーリー。続編に『卒業-セーラー服と機関銃・その後』(カドカワノベルス)がある。

薬師丸ひろ子主演で映画化され、1981年暮れに公開されるや大ヒットとなった。荒唐無稽な原作を監督 相米慎二が荒削りながら生々しいタッチで演出し、少女が大人へと変わっていく様を描いた異色の青春映画に仕立て上げている。薬師丸が歌う同名の主題歌も大ヒットした。

1982年には原田知世が主演でテレビドラマ化された。

2006年には長澤まさみ主演でリメイクされ再びテレビドラマ化されて全7話を放送した。

角川文庫で発刊されている本書のカバーは、薬師丸ひろ子及び原田知世の写真、ないしはイラストを経て、2006年10月発売版は長澤まさみの写真である。 また、初版である主婦と生活社の単行本表紙は、なんとセーラー服ではなく、ブレザータイプの制服を着た女子高生のイラストとなっている。

映像作品ではタイトルに反し、どのシリーズでも星泉が撃つのは機関銃ではなく短機関銃突撃銃である。そのため、本作が「機関銃」という用語の誤用に一役買ってしまったのではないかと見る者もいる。もっとも、このような誤用は他国でも見られるので、本作が原因とは特定できないかもしれない(短機関銃#機関銃と短機関銃の区別の問題参照)。

映画 編集

1981年12月19日、全国東映系で公開。角川映画の代表作の一つで、主演の薬師丸ひろ子の人気と知名度を決定づけた大ヒット作。角川文庫化に合わせての角川商法(小説と映画のメディアミックス)といえる。

1981年夏、主演の薬師丸(当時東京都立八潮高等学校2年生)の夏期休暇に合わせて、東京新宿周辺でのロケを主体に撮影された。撮影に際し監督の相米は薬師丸をショートカットの髪型にさせているが、主演の若年女優をショートカットにするのは以後数作にわたり相米作品の特徴となった。

相米作品の大きな特徴である長回しの手法が多用された結果、撮影時間が膨大になってしまったと言われ、1981年暮れに公開された版は重要部分が大幅にカットされており、ストーリーの展開が非常に分かりづらくなっていた。最初の版が公開されて数ヶ月後の1982年夏には、カットされたシーンを付け加え、「完璧版」と称した長尺版が公開された。「完璧版」公開の際には、薬師丸が「野性の証明」で映画デビューした直後(1978年)、TBS系で放送された主演ドラマ「装いの街」が併映されている。「完璧版」の公開初日、大学受験のため芸能活動を控えていた薬師丸が新宿東映会館(映画館)に姿を見せ、報道陣のインタビューを受けるというハプニング (?) もあった。

薬師丸が機関銃を撃ち「カ・イ・カ・ン!」とつぶやく有名な場面では、破裂して飛び散った瓶の破片が薬師丸の顔面に当たり(のすぐ脇)、軽く出血を見る傷が生じた。薬師丸本人は怪我を負ったことに気がつかなかったようだが、すぐ脇に立っていた渡瀬恒彦は異変に気がつき、薬師丸をかばう(手当を受けさせるようエスコートする)ようなそぶりを見せている。傷は軽く、跡が残るようなものではなかったと言われるが、映画撮影終了後に撮影されたと思われる主題歌のレコードジャケット写真では、メイクによってこの傷(出血)が再現されている。

薬師丸が撃っていた銃は、M3短機関銃(通称グリースガン)。もちろん実銃ではない。なお有名なカイカンという台詞は原作にはないオリジナルのものであり後述されている長澤まさみが演じたドラマでもそのような台詞は出て来ない。しかしながら この映画があまりにも流行しカイカンの台詞が度々物まねやパロディー化されたため セーラー服と機関銃=カイカン、と勘違いしている人間も少なくない。

ラストシーン(薬師丸が極端に短い髪型に変わり、赤いハイヒールを履いて、マリリン・モンローよろしく地下鉄通風口からの風でスカートをひらめかせる)は伊勢丹新宿店の前(新宿通り)で撮影が行われた。薬師丸の演技は数百メートル離れた地点(新宿東映会館上階)から望遠レンズを用いて撮影されている。

それ以前の角川映画と同様、プロデューサー角川春樹カメオ出演している(風鈴の屋台を引く男)。

泉の学校に佐久間たちが迎えに来る映画中のワンシーン(校門にやくざがずらりと並び、佐久間が校舎から出てきた泉を迎えて車に乗せるシーン、ただし実際の目高組の組員は4名であり、後にこの時並んでいた組員は借物だと佐久間が泉に説明する)は、暁星学園の学園正門を使って撮影された。ただし現在(2006年)は事務棟などがあり、ロケ当時の面影は薄い。

その他 編集

映画のプロモーションの一環として、薬師丸の同級生役で共演していた柳沢慎吾光石研岡竜也による「ひょうたん三銃士」というトリオが作られ、彼らが歌う「センセーショナルHIROKO」というレコードが製作された。こちらはあまりヒットしなかった。

本作、および名作の誉れ高い「翔んだカップル」で名コンビだった相米と薬師丸だが、相米が薬師丸を演出する際に棒(精神棒と称した)で身体を叩いたり、薬師丸を精神的・肉体的に疲労の極まで追い詰めたりすることも多かったと言われ、薬師丸は相米に対し好感情を持っていなかったという説もある。そのためか相米と薬師丸のコンビは本作で最後となった。相米と薬師丸がその後もコンビを組んでいたら違った形の名作が生まれた可能性も高い、と惜しむ声もある。

スタッフ 編集

出演 編集

主題歌 編集

テレビドラマ(1982年版) 編集

テンプレート:ドラマ 1982年7月5日9月20日の間、フジテレビ系列で放送。原田知世主演で30分の連続ドラマとしてテレビドラマ化された。

原田知世のデビュー作。原田はこの年の春、角川映画ヒロインコンテストで特別賞を受賞。つまり前年公開の映画版に主演した薬師丸の後輩であり、ヒット作のドラマ化作品に主演して顔見世興行を行った格好になる。ほとんど演技経験もなく芸能界の水にも染まっていない (?) 原田に初々しさを感じるファンもいた一方、当時の原田が九州なまりも抜けず(長崎県出身)芝居も素人そのものだったため、海のものとも山のものともつかない泡沫アイドルという程度にしか見ない視聴者も少なくなかった。

映画版に比べ、原田主演のドラマ版は、全体にコミカルな雰囲気が強調されている。原作と映画版にあった、泉が佐久間にキスするラストシーンが変更されていて、泉はキスしない。そういった演出の差異は、原田が当時14歳と言う若年で、しかも演技者としてあまりに未熟だったための配慮…と見る意見がある。

なお、本作はビデオやDVDで発売されていない。これは、権利関係が複雑なためである(作中に、別のテレビ番組のワンシーンが挿入されたりしているため)。

テレビ版で撃ったのは、用意できるプロップガンの都合なのか、自動小銃のXM177E2であった。

スタッフ 編集

出演 編集

主題歌 編集

サブタイトル 編集

各話サブタイトル
第1話女子高校生組長誕生ス!
第2話うるわしのポリスマン
第3話くちづけが一個
第4話哀愁少女不良化物語
第5話チョロの初恋物語
第6話チャイナタウンで風になる
第7話殺人犯にくちづけを!
第8話嵐の夜になにかがおこる!
第9話フルーツパーラーで死にたい
第10話壮絶!アキラの死
第11話そして別れの時がきた
番組変遷

テンプレート:前後番組

テレビドラマ(2006年版) 編集

テンプレート:ネタバレ 2006年10月13日から11月24日まで、毎週金曜日の22:00~22:54に放送された(金曜ドラマ枠、全7話)。長澤まさみ主演でTBS系でリメイクされ、主題歌は長澤まさみが星泉として歌った。

TBSテレビで放送。初回は10分拡大の23:04までの放送。長澤まさみが撃っている銃はエルマ・ベルケMP40短機関銃。また、放送と同時に長澤まさみが出演しているロッテのど飴のコラボCMをTBS系列限定でオンエアする。また、当クールより金曜ドラマのスポンサーにトヨタ自動車が復帰したが、提供クレジットは自粛している(使用している車が日産車だったこととヤクザの世界を主なテーマとしているため)。

  • 目高組の構成員が、組長の泉を除き、原作と旧作が4人なのに対し、今作は5人になっている。
  • 泉は本作では男女共学ではなく女子高に通っているため、智生や周平の登場はなく、友人たちとの関わり合いもあまり描かれていない。
  • 原作と旧作では泉は好戦的で男勝りの負けず嫌いな性格だったが、本作では大人しく控えめな性格。
  • 旧作の一番の悪役である萩原が登場しない代わりに、黒木と(原作と旧作では小悪人的な存在だった)浜口がより凶悪な性格に変更されている。
  • 泉は4代目ではなく8代目の組長になる。
  • 泉の住んでいたマンションの部屋番号は、「8940(語呂合せで(薬師丸))」となっている。
  • 泉は高倉健の仁侠映画をレンタルし、ヤクザらしい台詞や身振りを独自に研究。浜口組とのやりとりで披露した。
  • 第5話のBGMには目高組にちなんで「めだかの学校」が使われた。
  • 本作では「カ・イ・カ・ン!」と呟くシーンはない。

登場人物 編集

目高組 編集

星泉 - 長澤まさみ
本作のヒロインで、現役女子高生。母だけでなく、父まで亡くしてしまう。父がヤクザに殺された事から、犯人を見つけるため、極道一家「目高組」の8代目組長を襲名する。特別な取りえもないが、責任感のある生真面目な少女。勉強もできず、ヤクザ用語をメモをとる。かなりの近視で、たびたび眼鏡を壊すため、ついにコンタクトになった。血を見るのが苦手で、すぐに気絶してしまう。武が死んだのは自分の責任と感じている。金造、健次、英樹が次々と殺されたため、復讐のために最終回で浜口組と黒木、そして、三大寺に殴り込みをかけに行く。しかし、彼女の標的はあくまで人の心を狂わせるヘロインその物であり、ヘロインだけを攻撃して、一切人を殺すことも佐久間に殺させることもしなかった。結果的にそのことが組員の仇である浜口組、黒木、三大寺の壊滅に繋がったのであった。
佐久間真 - 堤真一
目高組の若頭。目高組を継げると思っていたが、辰夫の遺言を絶対のものとして、泉を組長として支えることにする。頭が固く融通がきかない、どこまでも仁義を通すキレ者。最終回で組を解散して以来4ヶ月ぶりに泉に会いに行くが、途中でヤクザのケンカの仲裁に入ったところドスで刺され亡くなる。
酒井健次 - 中尾明慶
目高組の組員。金蔵の甥で、通称ケン坊。高校でイジメにあい、引きこもっていた。英樹と同じく、頼りない泉の組長就任に反対する。第6話で政治家の三大寺一を殺そうとするが浜口組に阻まれ、英樹を庇い幾多の銃弾を浴び亡くなる。
西野武 - 田口浩正
目高組のナンバー3。元コンピューターのエンジニアで、パソコンが得意。ネットで株式取引を行い、目高組を支えている。太り気味で、非常に汗っかき。面倒見が良い。第4話で浜口組から泉を庇い、組員にドスで刺され亡くなる。
酒井金造 - 山本龍二
目高組のナンバー2で、目高組の補佐。浅草では「仏の金さん」と呼ばれている、痩せぎみの元刑事。第5話で浜口組にヘロインとの取引で健次を人質に取られ、一人で取引に向かうが口封じのために黒木に拳銃で撃たれ亡くなる。
剛田英樹 - 福井博章
目高組の組員。元暴走族のヘッドで、かなりキレやすい性格をしている。女子高生の泉が組長になることを、快く思っていない。長渕剛のファン。健次と同じく、三大寺一を殺そうと腹にダイナマイトを仕込んだがライターが大量の血で濡れていたため発火させることが出来ず、浜口組組員と蘭丸にドスで刺され亡くなる。組長に「守る」ほうがカッコいいと教えてもらった。
目高辰雄 - 桂小金治
弱小の任侠集団である、目高組の7代目組長。肺炎にかかり、70過ぎで大往生する。甥である星貴志に、跡目を継がせようとしていた。奇しくも、星貴志の命日と同じ日であった。

その他 編集

三大寺真由美 - 小泉今日子
星貴志の葬儀に現れた、謎の女。貴志の恋人と名乗り、実際に親しかった。国会議員の三大寺は、実の父親。三大寺のヘロイン関与を警察に通報した。
三大寺一 - 緒形拳特別出演
現職の国会議員で真由美の父親。星貴志の殺害に関わり、貴志の残したはずの「ある物」を探している。別名「太っちょ」と呼ばれている。最終話で自殺に使った銃はSIG P230
星貴志 - 橋爪淳
泉の父親。母が亡くなって以来、父娘水入らずで暮らしてきたが、第一話冒頭で交通事故で亡くなってしまう。後に、ヘロインに関わった事で、ヤクザに殺された可能性があることが判明する。
黒木幸平 - 小市慢太郎
警視庁の刑事で、組織犯罪対応部の警部補。稲葉とコンビを組んでいるが、浜口とグルだったことを知られ、金造と共に稲葉を射殺する。前項でも述べた通り、今作に登場しない萩原の代わりに映画版と旧作よりも凶悪な人物に変更されている。使用している銃はコルト・ガバメント。泉たちが乱入後取り押さえられる時に「私は警察だ。」との裏切りに蘭丸の怒りを買い刺されあっけない死を遂げる。
稲葉通男 - 井澤健
東北なまりの刑事で、黒木の部下。第5話で黒木の行動に不信感を抱き、尾行したところ、黒木がヘロインの取引を行っているところを目撃。拳銃で阻止しようとするが黒木に撃たれ、死亡。本作で最も純粋で勇敢な刑事だったといえる。
浜口昇 - 本田博太郎
目高組に敵対する広域暴力団の組長。表向きには、浜口物産の社長。
森蘭丸 - 森廉
浜口の側近。ナイフ使いが上手く、見事なリンゴの皮むきを見せる。浜口に対し、絶対的な忠誠心を持つ。浜口に「頭を使えん奴は役にたたん」と言われショックを隠しきれなかった。
岩倉智男 - おかやまはじめ
泉の学校の教師。目高組組員が運動場に集結した際、スピーカーを片手に動揺していた。
金田麗華 - 森本ゆうこ
常盤和子 - 井端珠里
小林朱美 - 谷亜里咲
1階住人 - 杉浦双亮360°モンキーズ
常にバットを持っている青いジャージを着た男。つねにフルスイングで生きている。
柴田光明 - 中野英雄
浜口組の若頭。使用している銃はベレッタM92シルバーモデル。第3話で目高組に捕まった。
手塚勇次 - 田中幸太朗
浜口組に雇われたヒットマン。佐久間に強い恨みを持ち復讐を誓うも、真実を知り裏の世界から足を洗う。
第3話ゲスト。

スタッフ 編集

(映画版主題歌のカバー、ビクターエンタテインメントより2006年10月25日発売)

放送日・サブタイトル・視聴率 編集

各話放送日サブタイトル視聴率
第1話2006年10月13日女子高生組長誕生!!17.3%
第2話2006年10月20日女子高生組長の初仕事は涙の大乱闘!!14.2%
第3話2006年10月27日さらば愛しの人よ9.6%
第4話2006年11月3日 愛した組員の死16.0%
第5話2006年11月10日愛し組員よ永遠に10.8%
第6話2006年11月17日目高組の解散!!12.0%
最終話2006年11月24日涙の機関銃発射~さらば女子高生組長13.0%

平均視聴率 13.3%(数字はビデオリサーチ関東地区

テンプレート:前後番組

外部リンク 編集

テンプレート:TBS系金曜ドラマ (1989年以降) テンプレート:Tv-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はセーラー服と機関銃にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki