FANDOM


ソナチネ
Sonatine
監督 北野武
製作 奥山和由
脚本 北野武
出演者 ビートたけし
国舞亜矢
音楽 久石譲
撮影 柳島克己
編集 北野武
配給 松竹
公開 1993年6月5日 日本の旗
1998年4月10日 アメリカ合衆国の旗
上映時間 93分
製作国 日本
言語 日本語
製作費 5億円
興行収入 8千万円
allcinema
IMDb
  

ソナチネ』は、ビートたけしが「北野武」名義で監督した第4作目の日本映画である。1993年6月全国松竹系ほかで公開。


概要編集

北野武監督第4作目のこの作品は、1作目の『その男、凶暴につき』から現在に至るまで見られる、突然訪れる圧倒的な暴力シーンと、2作目の『3-4X10月』から始まる沖縄のシーンが見られ、プロデューサーの奥山が「その男~」の続編と位置付けていた事からも、初期北野作品の集大成としての要素を持つ作品である。

以後の『HANA-BI』にはメロドラマとしての要素が、また『BROTHER』にはエンターテインメントとしての要素が盛り込まれていることに比して、静謐で狂気的なムードが全編を支配する純正のバイオレンス映画として、北野映画に「バイオレンス」を追及するファンに高く評価されている。映画監督・北野武の最高傑作とも称されることもある。

前作『あの夏、いちばん静かな海。』に続き音楽家の久石譲が参加している。久石の音楽はこの年の日本アカデミー賞音楽賞を受賞した。

キャッチコピー編集

凶暴な男、ここに眠る。

スタッフ 編集

出演者編集

ストーリー編集

北島組傘下のヤクザ村川は、組長の指示で沖縄での抗争の救援に駆けつける。組長の兄弟分に迎えられ、「すぐに抗争は終わる」と言われるが、来沖早々、子分が殺害される。その後も銃撃戦は続き、灼熱の太陽と紺碧の海の下、新たな血が流れていく…。

評価編集

公開当初、それ以前の北野映画と同様に非常に難解な映画と受け取られ、興行収入は不振を極め、1週間で上映が打ち切られる映画館が出るほどだった。

しかし1994年ロンドン映画祭カンヌ国際映画祭で上映され、欧州を中心に高く評価された。これを契機に、現在でも「キタニスト」として知られる北野映画ファンが世界的に誕生した。前世紀末にはイギリスBBCによって「21世紀に残したい映画100本」にも選ばれた。ちなみに同選考にラインナップされた日本映画は、本作の他に『東京物語』(小津安二郎1953年)『西鶴一代女』(溝口健二1952年)、『椿三十郎』(黒澤明1962年)、『』(黒澤明、1985年)がある。

現在では、日本においても本作を高く評価する向きは多い。ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎は、『たけしの誰でもピカソ』(テレビ東京)出演時に、この作品が好きだと答えている。


de:Sonatine (Film)fr:Sonatine, mélodie mortelle it:Sonatine pl:Sonatine ru:Сонатина (фильм)

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はソナチネ (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki