FANDOM


テンプレート:文学タイム・リープ あしたはきのう』は、高畑京一郎小説1995年発表)。

概要編集

ライトノベルに分類される小説であるが、タイムトラベルもののSF小説としても高い評価を受けた作品。タイムパラドックスの問題に正面から取り組み、意識内時間移動現象「タイム・リープ」という設定と、緻密な論理構成により、時間SFとして十分な戦果を挙げた。90年代の『時をかける少女』と評されたこともある。

1999年に発表されたエッセイ「『タイム・リープ』に至るまで」で、作者は本作の下敷きになった作品として以下のものを挙げる。

  • アニメ「ゴッドマジンガー」EDテーマ曲「時間(とき)の誘惑」(作詞:荒木よしひさ/作曲:矢野立美/歌:遠藤晴美)
    • 本作品より以前に「タイム・リープ」という概念が出てきた作品で、"タイムリープ"という言葉がサビに出てくる。


本作はハードカバーでメディアワークスから発表後、文庫(電撃文庫)・ラジオドラマ映画と多方面へ移植された。しかし、文庫版は新規に追加されたイラストがキャラのイメージに合っておらず、逆にイラストがないハードカバー版に希少価値が生じるという皮肉な結果になっている。テンプレート:要出典 また、文庫版は劇場公開に合わせ、実写とイラストの2種類の表紙が存在する。

あらすじ 編集

ごく普通の女子高生・鹿島翔香は、ある日自分が昨日の記憶を喪失していることに気づく。そして、自分の日記を調べると、昨日の自分が書いたと思しき、見覚えのない文章があった。「あなたは、今、混乱している…若松くんに相談しなさい。最初は冷たい人だと思うかもしれないけど、彼は頼りになる人だから。」
学校でも秀才の噂高い若松和彦は、翔香が一種の時間移動現象「タイム・リープ」に陥ったことを突き止め、時間のパズルと格闘していく。

ラジオドラマ 編集

1996年文化放送電撃大賞で放送された。ストーリーは映画版とは違い原作に沿った形で進められた。その後ポリグラムからドラマCDとして発売された。

キャスト 編集

映画版編集

1997年に公開された映画版では、「池内翔香」(鹿島翔香)と「星野彰彦」(若松和彦)と登場人物名が変更されるなどの設定の変更が見られる。(主役2名の若松・鹿島という名字、若松の妹の名前が「みゆき」であることはあだち充作品の「みゆき」を連想させるものであり、そのために変更されたと推察する向きもある。) 翔香役の佐藤藍子は映画初主演であり、星野役の川岡大次郎はこの作品がデビュー作となる。なお、主題歌「タイム・リープ」を歌った声優緒方恵美はラジオドラマ版の若松役を務めた。監修には大林宣彦があたった。

スタッフ編集

作品リスト 編集

  • 『タイム・リープ あしたはきのう』(ハードカバー、ISBN 4-07-303060-4
  • 『タイム・リープ あしたはきのう<上>』(文庫、ISBN 4-07-305580-1
  • 『タイム・リープ あしたはきのう<下>』(文庫、ISBN 4-07-305596-8
  • 『タイム・リープ あしたはきのう』(ドラマCD)


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はタイム・リープ あしたはきのうにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki