FANDOM


タンポポ』は1985年日本映画伊丹十三脚本監督によるコメディ。本筋は売れないラーメン屋を立て直す物語だが、途中本筋とは全く関係ない食にまつわるエピソードがいくつかちりばめられている。「ラーメンウエスタン」と称した本作は興行的には成功しなかったが、一部のマニアックなファンや海外からの支持は高かった。


あらすじ 編集

長距離トラックの運転手、ゴローとガンがとあるさびれたラーメン屋に入ると、店主のタンポポが幼馴染の土建屋ビスケンにしつこく交際を迫られていたところだった。それを助けようしたゴローだが逆にやられてしまう。翌朝、タンポポに介抱されたゴローはラーメン屋の基本を手解きしタンポポに指導を求められる。そして次の日から「行列の出来るラーメン屋」を目指し、厳しい修行が始まった。


その他のエピソード 編集

  • 白服の男とその情婦
  • フランス料理に詳しい新米サラリーマン
  • スパゲッティの食べ方を教えるマナー教室の先生
  • 歯の痛い男
  • 店中の品物の感触を楽しむ老婆とその店の店長
  • 北京ダックを食べるスリ
  • 危篤の妻にチャーハンを作らせる男

キャスト編集

スタッフ 編集

de:Tampopoes:Tampopo fr:Tampopo tr:Tampopo

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はタンポポ (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。