FANDOM


テンプレート:漫画ダメおやじ』は、週刊少年サンデー1970年43号から1982年30号までに連載されていた古谷三敏漫画作品。また、それを原作としたテレビアニメ映画

1999年には『ダメおやじ~平成版~』が週刊少年サンデーに読み切りで掲載された。

第24回(昭和53年度)小学館漫画賞受賞。

ストーリー 編集

ダメおやじこと雨野ダメ助(以降ダメおやじと記す)は、ドジでおバカとまるでいいところが無い。会社では無能と蔑まれ、家に帰れば稼ぎが悪いとオニババこと妻冬子(以降オニババと記す)に虐待され、挙句息子タコ坊にまで馬鹿にされる。娘ユキ子はオニババと一緒に虐待するか、相手にしないかのどちらかだ。

彼は帰宅するたびに玄関の戸に祈る…「神さま、お願いです。この戸のむこうに平和がありますように!!」と。だが彼が望むのは、家族の安全や幸福では無い。彼自身の安全と安息である。ただ、その余りにも哀れな願望は、ひとたび玄関の敷居をまたぐとあっという間に打ち砕かれ、いつものようにオニババらから虐待される。

食事抜きなど当たり前、殴る蹴るも日課の如く、車にはねられればオニババらから「いっそ死んでくれれば金ががっぽり取れたのに!」と言われてしまう。会社の出張で北海道に行って自由を満喫していると、いじめる対象がいなくなって虚脱感を覚えたオニババらが押し掛けて来て、やっぱり虐待される。

だがそれでも、ダメおやじは家族のために働くのを止めようとしない。辞めればどんな酷い虐待が待っているか知れたものでは無いからだ。必死になって働くが、それでも家族が欲しがる大型カラーテレビが買えない。挙句に町の相撲大会でカラーテレビが優勝賞品に出ていると知るとオニババはダメおやじの体格を省みずにむりやり出場させるが他の参加者にメタメタにのされてしまい激怒をしたオニババはダメおやじのマワシをわし掴んでは虐待しつつ「おまえの安月給では一生色のついたテレビは見られないんだ!」と罵るが、ダメおやじは「勝ち負けは時の運、参加することに意義があるんだ」と言えば、オニババは「勝つことに意義があるんだ!」とやり返し、そのオニババ自らが相撲大会に出場してみごと優勝、カラーテレビをモノにした。オニババいわく「情け無いおやじにくらべてなんとたのもしい母ちゃんではないか」と得意満面にかたったあと家族でカラーテレビを見るがダメおやじに対しては両目をクリップでとめて一切見せずに「おまえには見る資格は無い!」とオニババは言い、ダメおやじは「そんなこと言わずに見せてください」と言っては部屋を徘徊させていた、そんなダメおやじの話である。

ダメ生活から会社は倒産。失業し再雇用されるが、競馬競輪に嵌り知床に左遷され原野を放浪-気が狂い、再び失業。あれだけ痛めつけてきたオニババも哀れむようになる。しかし、大財閥令嬢大和ヒミコにその心の温かさを買われ、人生のパートナーとして大会社ダメおやじ株式会社の社長に抜擢され一大転機を迎える。

以降 社長就任後は、大和じいさんとアウトドアや豆腐作りをしながら、ダメ時代とは打って変わって成功の連続に。それも彼の人間性による。途中猛勤務により3ヶ月の休暇を取り、山小屋を自らの手で建設。家族を呼び寄せる。家族が帰ると、サダオらが転がり込み楽しい山小屋生活が続くが会社から呼び出しがかかり、社長業に戻るがネクタイの締め方が分からず重役に叱咤される。さらに左遷される役員の代わりに社長辞任しておんぼろ会社「大躍進株式会社」の所長となる。それを小躍進させ、(株)おてつだい を起業。といっても売り上げはわずかだが、そこでは様々なくだらない依頼により「人間」を描く。それを足がかりに「HOTELダメおやじ」を開業。初めてのお客様に嬉しさのあまり過剰な接待をし激怒させる。ホテル業が軌道に乗ったころヒミコから「ユートピア」について相談を受ける。人類の幸福について考えを及ばせ、最愛の家族にもわけを話さずに放浪の旅に出る。その後は「奥山村」のある空き家に居つき、迷犬大左エ門との奇妙な生活に入る。ここでは「2種類語」として 鳥や牛も人語をしゃべりまくる。 そんな時、ヒミコから連絡が・・・。

備考 編集

近年の日本では、親父は単なる家庭の男の側に過ぎない。このため、ドメスティックバイオレンスでは、女性に男性が虐待されているケースも見られる。しかし同作品が発表された1970年代には、まだ「親父の威厳」が存在しており、本作品ではこれを徹底的に扱き下ろす事で、実際にはありえないダメダメっぷりを描くというギャグ性が成立していた。

しかし連載が続く内に、仕事中毒から家庭不在が続いて権威が落ち始めた親父像が実社会に出てくるに従って、作品内容にも若干の変化があった模様で、小学館単行本4巻以降では、その暖かい人間性から大会社社長に雇われることで内容は大転換する。性格的なダメっぷりは相変わらずだが、人生の機微を扱ったり、アウトドア薀蓄が顔を見せるなど、後の薀蓄漫画の原型とも言える動向も見られた。だが、作者自身曰く、作品の内容が変わった事については、「連載が始まって10年程経った時、妻から『まだ、(ダメおやじを)描いてたの?』と言われ、10年間全く変わらなかったダメおやじ一家の設定を変えてみようと思った」と発言している。

以降社長を休業、放浪、いつしかナンセンスギャグ漫画に戻り、最後に素晴らしい仲間たちと大団円、という良い意味で奇異な漫画として成立した。

登場人物 編集

雨野ダメ助
ダメおやじ。中年男性。会社ではうだつの上がらない万年ヒラのサラリーマン。家庭では家族全員に虐待される哀れな父親。家長の尊厳など微塵も無い。ひたすら堪え忍び、僅かな望みを糧に生き延びる哀れな男。しかし、ヒミコに出会って以降は一転して成功者に転身。人生を謳歌するようになる。アウトドアに造詣が深い。ただそれは単なる自己満足のセレブ生活ではない。
雨野冬子
通称「オニババ」。男勝りで冷徹な性格。ダメおやじをいびり倒す事を生き甲斐としている恐妻中の恐妻。しかしダメおやじとは駆け落ち婚でもあり、ダメおやじが仕事を立派にやり遂げた時などは素直に恭順な態度を示すあたりに愛情の裏返しが垣間見える。ダメおやじ社長就任後は暖かく支える。
雨野タコ坊
長男。小学生。顔はダメおやじに似ている。日頃の鬱憤を父にぶつける事で晴らしている。
雨野ユキ子
長女。成人女性。両親に似ず美人だが、性格はオニババに似て冷酷。
雨野イカ太郎
次男。作中で誕生し、そのまま成長する。幼子だがかなりマセており、家族で一番冷酷な性格の持ち主。ダメおやじが奥山村に居つくと訪ねてきて何故か名忍者となる。アニメでは最終回の時しか登場していない。
ロクベエ
中期に登場していた近所の犬。『天才バカボン』のお巡りさんと同様に目玉が繋がっている。
大和ヒミコ
大財閥の令嬢。ダメおやじを気に入り、ダメおやじ株式会社の社長として迎え入れる。
大和じいさん
ヒミコの祖父。既にリタイアしており恐ろしい黒幕。ダメおやじを気に入り、渓流釣りに誘うが断られてすごすご帰らされたりする。
月丘リン
ユートピアについて真剣に考えている美女。ダメおやじの良き相談相手。
サダオ
ダメおやじが築いた山小屋で働く青年。リーゼント頭だが純情。
カオリ
サダオの旧友。けだるい感じがぬぐえない女性。ぐうたらママに雰囲気が似ている。
メガネさん
BARレモンハート参照。
マスター
BARレモンハート参照。
大左エ門
馬鹿犬。寒村の空き家でダメおやじ、イカ太郎と同居する。 象を丸ごと食したことがある。
小泉祥雲
タイムマシンを発明したり、忍者を手下に持つ謎の少年。ドラえもんが好き。

アニメ版 編集

  • 東京12チャンネルで最初の自社製作アニメシリーズである(それ以前は外国アニメや他局製作のアニメの再放送のみ)。
  • 関西地区では、当時東京12チャンネルとネット関係があった毎日放送(当時NETテレビ系とのクロスネット)ではなく、朝日放送(当時TBS系)が番販購入して、当時TBS系列のローカルセールス枠だった日曜18:00~18:30に放送した。

原作との相違編集

放送時間 編集

  • 1974年4月2日~6月25日 - 火曜日19:30~19:56
  • 1974年7月12日~9月27日 - 金曜日19:30~19:56
  • 1974年10月2日~10月9日 - 水曜日19:30~19:55

スタッフ 編集

  • 演出:坂口尚
  • プロデューサー:西条克麿
  • 企画:西野清市
  • 制作担当:鶴見和一
  • 構成:安藤豊弘
  • 脚本:伊東恒久、安藤豊弘、吉田進
  • 作画監督:池野文雄、藤井真一、田中英二
  • 撮影:煙草俊憲
  • 編集:米内山順子
  • 彩色設定:今井紀子
  • 特殊美術:芝崎素子
  • 音楽:Amp
  • 選曲:角田圭伊悟
  • 音響効果:E&Mプランニングセンター
  • 録音スタジオ:番町スタジオ
  • 録音調整:原田一男
  • 現像:東洋現像所
  • 協力:フジオプロ、アートスタジオ
  • 制作:ナック

キャスト 編集

  • 雨野ダメ助(大泉滉
  • 雨野タコ坊(声:雷門ケン坊
  • 雨野冬子(声:西岡慶子)
  • 雨野ユキ子(声:長沢和子)

主題歌 編集

  • OP「ダメおやじの唄」(作詞・作曲・編曲:すみあきくん 歌:大泉滉、雷門ケン坊、サカモト児童合唱団)
  • ED「ダメおやじ愛のテーマ」(作詞・作曲・編曲:郷悟郎 歌:ペンあんどペンシル)

放映リスト 編集

  1. つかのまのしあわせ
  2. 三つの願い
  3. 魔法のフク面
  4. 恐妻カウンセラー
  5. オニババのクラス会
  6. バイキングはダメよ
  7. 自由になりたい
  8. 月も泣いてる男ダメ
  9. 悲鳴大作戦
  10. さい果てのいびり
  11. タコ坊の日記
  12. ダメおやじのユリ・ゲラー
  13. 海は広いな悲しいな
  14. タコ坊の家出
  15. ほんもののお化け
  16. 超能力大作戦
  17. 顔か心か
  18. ロクベエのダメモデル
  19. 通知表大公開
  20. いたい一億円
  21. 許せない裏切り
  22. かわいいペットちゃん
  23. ダメ助先生大登場
  24. おかしなおかしな運動会
  25. 雨野家漂流記
  26. タコ坊の弟

映画版 編集

スタッフ 編集

  • 監督:野村芳太郎
  • 製作:杉崎重美
  • 脚本:野村芳太郎、ジェームス三木
  • 撮影:川又昂
  • 美術:重田重盛
  • 編集:太田和夫
  • 音楽:青山八郎
  • 助監督:大江英夫

キャスト 編集

その他編集

  • この作品は古谷三敏の代表作であるが、連載開始当初は赤塚不二夫が積極的にバックアップしていた。
    赤塚自身が「古谷三敏の名前で半年間僕が描いていた。」とテレビ朝日系テレビ番組『徹子の部屋』に出演した際に語っていた。赤塚作品を歌でフィーチャリングしたアルバム「赤塚不二夫ソングブック」にも「ダメおやじ」の歌が収録されている。ただし、この歌は赤塚が作詞をした物であり、テレビアニメの主題歌とは異なる別の作品である。
  • 単行本は曙出版からアケボノコミックスとして1巻から21巻まで刊行され、小学館から少年サンデーコミックスとして1巻から18巻までが刊行されたが、2007年現在いずれも絶版となっている。
    曙出版刊行版の続きが小学館刊行版となっており、両者間に二重収録は無い。なお、曙版には小学館の学年誌に掲載された『ダメおやじとタコ坊』の作品も収録されている。同作品はテレビアニメ化に伴いタイアップの形で一時期学年誌にも連載されていた物である。
    社長就任後のいわゆる「マイウェイ編」は小学館刊行版の第4巻以降に収録されていた。
    双葉社からも双葉文庫として傑作選が刊行されたが、収録作品のほとんどが社長就任後の話であり、この作品を世に広めたいわゆる前編は「地獄のオニババ編」として僅か一巻にまとめられたに過ぎない。なお、この双葉文庫も2007年現在は新刊での入手が困難となっている。
    このように通常の書籍としては入手困難であるが、現在は電子書籍として出版されている。
  • 作曲家の山本正之がデビュー以前、杉本真人を通じてイメージソング「ダメおやじのブルース」を持ち込んだ事がある。結局採用はされなかったが、もし採用されていれば燃えよドラゴンズ!に始まる一連の作品は無かったのではないかと言われている。後に「ダメおやじのブルース」は原曲である「それでも私は生きてきた」の名で発表されている。

外部リンク 編集

テンプレート:前後番組

テンプレート:先代次代2


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はダメおやじにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki