FANDOM


テンプレート:漫画 ドーベルマン刑事-デカ)は、武論尊(ぶろんそん)原作、平松伸二作画で週刊少年ジャンプ(1975年39号~1979年48号)に連載されたアクション刑事劇画。最初に出たジャンプコミックス版の単行本は全29巻(後に愛蔵版や文庫版として再刊されている)。

映画化や『爆走!ドーベルマン刑事』のタイトルでテレビシリーズ化された。

漫画『ドーベルマン刑事』 編集

主人公は凶悪犯罪専門の警視庁特犯課に所属する加納錠治。凶悪な犯罪者を許さず、愛銃のスタームルガーニュースーパーブラックホークで44マグナム弾をぶっ放し、事件を解決していくバイオレンスアクション漫画。

そんな加納を当然マスコミや世間は非難するが、本人はどこ吹く風。極悪犯罪者には非情な加納であるが、子供や老人、更生を願う軽犯罪者はもちろん、殺人等過去に重い罪を背負う犯罪者でも事情によっては就職先などの面倒を見たりする優しい面がある。

当初は加納とその上司である特犯課長の西谷警視の2名だけだった特犯課も大阪府警から新宿署へ来たゲタばきの暴力団担当刑事・宮武、女刑事の三森、アメリカから来たジュディー寺尾、等のメンバーが加わりハードな雰囲気だった作品もややマイルド化しつつも、4年余の長期連載となった。

テレビシリーズ『爆走!ドーベルマン刑事』編集

原作からは、タイトルロゴと主要キャラクターの名前を引き継ぐのみで、まったく異なる設定の作品。 オートバイの刑事部隊=警視庁晴海分署黒バイ隊の活躍を描く。

映画『ドーベルマン刑事』 編集

Vシネマ版『ドーベルマン刑事』 編集

1996年、ギャガ・コミュニケーションズにより製作され、東映Vシネマとして公開された。

テンプレート:前後番組


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドーベルマン刑事にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki