FANDOM


HOUSE ハウス』は、1977年公開の日本映画CF監督として活動していた大林宣彦の初監督作品。大林宣彦はのちに尾道三部作『転校生』(1982年)、『時をかける少女』(1983年)、『さびしんぼう』(1985年)を制作して代表作とする。ちなみに原案者の大林千茱萸(ちぐみ)は大林監督の実娘で当時12歳の女子中学生だった。

羽臼屋敷を舞台に、夏休みを過ごす7人の少女。しかし実は屋敷丸ごと、人を喰う妖怪で、少女達は一人ずつ食べられていく、屋敷の主は一人食べられるごとに若返る……というホラー映画。主演の池上季実子ヌードクンフー役の神保美喜下着ブルマー)姿、ガリ役の松原愛が水中ヌードを披露している。

スタッフ編集

キャスト編集

撮影時のエピソード編集

撮影所の助監督としての実績がない大林が監督することに、当時の東宝の助監督たちは反対した。それに対し、「我々が映画を作っても、ヒットしない。ここは、外部の人にやらせて、どれだけのものができるかを知ろうではないか」と説得したのが、東宝出身の映画監督である岡本喜八であった。

外部リンク編集

テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はハウス (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki