FANDOM


バトル・ロワイアル
監督 深作欣二
製作総指揮 高野育郎
製作 片岡公生
深作健太
脚本 深作健太
出演者 藤原竜也
前田亜季
山本太郎
栗山千明
柴咲コウ
安藤政信
ビートたけし
音楽 天野正道
撮影 柳島克己
編集 阿部浩英
配給 東映
公開 2000年12月6日 日本の旗
上映時間 114分
製作国 日本
言語 日本語
興行収入 31.1億円
次作 バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】
allcinema
キネマ旬報
allmovie
IMDb
  

バトル・ロワイアル』は、高見広春の同名小説『バトル・ロワイアル』を原作として、2000年に公開された日本映画

概要 編集

監督に深作欣二、出演に藤原竜也前田亜季山本太郎柴咲コウビートたけしらを迎えて制作された。第43回ブルーリボン賞作品賞を受賞し、同新人賞を藤原竜也が受賞した。

中学生同士が殺し合うという原作の内容から、青少年への悪影響を危惧して、当時の衆議院議員石井紘基が中心となり、この映画の規制を求める運動が行われ、石井紘基は2000年11月17日、国会(第150回国会文教委員会)で大島理森文部大臣にこの映画に対する政府の見解を求める質疑を行った[1]。これがマスコミに取り上げられることになり、社会の関心を集めた。しかしこの報道によって逆に話題を呼び、興行収入31.1億円の大ヒット作となった(2001年度の邦画興行収入ランキング第3位)。

大ヒットだったものの、原作のファンからは「原作は登場人物それぞれの過去の回想や心理描写があるが、映画版はただ殺し合っているだけ」との批判もある。また主要人物である桐山和雄をはじめ多く登場人物の人物像が多かれ少なかれ改編されており、これも原作ファンからの賛否を招いている。

劇中にある中学生同士の殺し合いの描写から、映倫よりR-15指定を受けた(当初はR-18指定だったが、幾つかのシーンをカットしてR-15指定で公開されたと云う話もあるが、詳細は不明である)。

しかし、R-15指定は中学生による鑑賞をほぼ全て制限する為、劇中の主人公らと同世代であり、製作側もメインの観客層として多分に意識していたであろう中学生達が、劇場では見ることができないという状況も作り出した。ここに商機をみた東映はオリジナルの作品にシーンの追加やCG処理等を行った再編集版を製作し、翌2001年4月7日に『バトル・ロワイアル【特別篇】』として公開。こちらもヒットさせた。同年3月には公開当時の中学3年(1985年度生まれ)が中学を卒業してR-15指定の範囲から外れ、彼らを中心とした新規観客や前作からのリピーターが多く足を運んだと推測される。又、卒業証書を劇場に持参すれば料金が1000円となるキャンペーンも実施された。

2003年7月5日には続編にあたる『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』が公開された。

2004年6月1日、この映画(15禁)のDVDを借りていた小学六年生の少女が、小学校内で同級生を殺すという佐世保小6女児同級生殺害事件があり、この年最大級の衝撃的事件となったが、この子は小学3年生からこの小説のファンであり、事件の前にはこの作品の同人小説の創作に夢中であった。この事件のために、再編集版『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌 REVENGE』の発売が延期となったという。

キャスト編集

主役である七原秋也と中川典子役は藤原竜也と前田亜季。当初中川典子役には岩村愛がキャスティングされていたが、怪我で交代となり、岩村愛は前回優勝者の少女役として出演した。そして物語上重要な役割を担う転校生の川田章吾と桐山和雄役は山本太郎と安藤政信が、その他の主要生徒は柴咲コウ、栗山千明塚本高史高岡蒼佑小谷幸弘石川絵里がそれぞれ演じている。又、ビートたけしは自身と同名の教師「キタノ」役にキャスティングされている。 川田章吾役は当初安藤政信が演じる予定であったが、台本を読んだ安藤が桐山和雄を気に入ったため彼が桐山を演じる事となった。ちなみに映画の桐山和雄には一切の台詞が無いように思われるが、本来台本には「道ばたに転がる石ころをどけただけだ」「命に平等の価値は無い。俺は俺を肯定する」といった台詞が書かれていたが、安藤の判断で無くなった。

『バトル・ロワイアル』への出演によってブレイクした俳優としては、柴咲コウ、塚本高史らが挙げられる。又、栗山千明は本作を鑑賞したクエンティン・タランティーノに認められた事から『キル・ビル Vol.1』に出演し、バトル・ロワイアルの出演シーンをオマージュしたシーンを自ら演じた。

城岩学園中学校3年B組生徒役の俳優42名のうち、撮影・公開が行われた2000年当時に実際に中学三年生(1985年度生まれ)だったのは前田亜季、小谷幸弘、三村恭代金澤祐香利の4名のみで、残りの38名は全員が高校生以上の年齢であった。尚、回想シーンで神戸の中学三年生役を演じた美波は当時中学二年生(1986年9月22日生まれ)であった。生徒役で最も高年齢なのは主要キャストでもある山本太郎と安藤政信で、どちらも撮影時25歳であった。

特殊な所では、前田亜季の実姉である前田愛や有名声優の宮村優子カメオ的に出演している。

登場人物の詳細は、バトル・ロワイアルの登場人物を参照。

城岩学園中学校3年B組 男子 編集

城岩学園中学校3年B組 女子 編集

その他 編集

特別篇追加キャスト 編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

その他編集

  • 原作では戦前の大日本帝国軍国主義を模したと思われる日本のパラレルワールド大東亜共和国」が舞台であるが、対して映画版では深作の意向により軍国主義化した近未来の日本(山田洋次と並んで戦後左翼を代表する映画監督の深作が、近年の日本の若者の「右傾化」を憂いたことによる。ただし劇中に国名は一切出ず、プロモーションでも「東京」を「首都」と表記するなどしていた)を舞台としている。又、ゲームの法的根拠は「戦闘実験第六十八番プログラム」ではなく「新世紀教育改革法」(通称:BR法)によって実施される。冒頭部でその立法の所以が出てくるが、本編中では特に社会的な背景等は説明されない。
    最後の場面は小説の大阪の梅田、JR大阪駅周辺ではなく東京の渋谷になっている。この撮影でも、「渋谷センター街」「JR渋谷駅」など、はっきりと地名が見えるシーンでは、ある程度のぼかしがかけられている。
  • 制服がブレザーに変更されたことには、黒い学ランやセーラー服では血が分かりづらいため、女子生徒のアクション(灯台等)でスカートの中身が見えないようにするためにフリルの多いスカートとなった等の理由がある。
  • この映画を作るために、深作親子は個人事務所「有限会社深作組」を設立した。

脚注 編集

  1. 会議録 第150回国会 文教委員会 第4号(平成12年11月17日(金曜日))

関連項目編集

外部リンク 編集


bg:Кралска битка de:Battle Royale el:Battle Royale (ταινία)es:Battle Royale (pelicula) fi:Battle Royale fr:Battle Royale (film) it:Battle Royale (film) lt:Karališkas mūšis (2000 filmas) nl:Battle Royale (film) pl:Battle Royale

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はバトル・ロワイアル (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki