FANDOM


ヒポクラテスたち』は、大森一樹監督による日本の映画1980年公開。自らも医大生であった大森監督が、モラトリアムの最後の1年を通して、医大生たちの日常を生き生きと描いた青春映画。

ストーリー 編集

荻野愛作は洛北医科大学(京都府立医科大学と思われる)の最終学年6回生。医学生の最終学年は臨床実習にあてられ、6~7人のグループに分けられる。愛作のグループには、親が医者でなんとなく医大に進学した河本、医療への情熱に燃える大島、すでに妻子のある年長者の加藤、野球少年あがりの王、紅一点の優等生みどりがいた。同じグループになった愛作ら7人は様々な不安や問題を抱えながらも、臨床実習を通じて次第に医者の卵として成長していく。

1980年度キネマ旬報ベストテン日本映画部門第3位。 横浜映画祭助演女優賞受賞。

エピソード 編集

後の名脇役俳優となる斉藤洋介内藤剛志の映画デビュー作品。また日活ロマンポルノを活動の場としていた古尾谷雅人にとっては初の一般作品進出となった。

大森によると「そのあとのヒポクラテスたち」という”続編”の構想もあったようだが斎藤・内藤の多忙化や、2003年3月の古尾谷の自殺により結局果たせなかった。斉藤は古尾谷の死に際し葬儀の席で、「ヒポクラテスたち」における古尾谷の出演シーンを見て、涙がとまらなかったという。

「普通の女の子に戻りたい」という名言と共に芸能界引退した伊藤蘭(元キャンディーズ)の復帰作でもあり、以後伊藤は歌手ではなく女優として活動するようになる。一部では、大手芸能事務所から独立するために、このくらいの空白期間(干されている期間)が必要だったのでは、という見方もあるようだ(1978年に引退、1980年に復帰)。大森監督は映画の中で伊藤に「蘭」というタバコを吸わせている。

医学博士でもある漫画家手塚治虫小児科の教授役で、また同じく医師(精神科医)である北山修や、大森が敬愛する映画監督の鈴木清順などが特別出演している。

一部(デモのシーン)に8ミリムービーフイルムが素材として使われている。

スタッフ 編集

キャスト 編集

関連項目 編集

テンプレート:Movie-stub


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はヒポクラテスたちにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki