FANDOM


テンプレート:文学ビルマの竪琴』(ビルマのたてごと)は、竹山道雄が執筆した児童読み物。作者が唯一執筆した児童向けの作品で、雑誌『赤とんぼ』に1947年3月から1948年2月まで掲載された。ビルマ(現在のミャンマー)を舞台としている。

市川崑の監督によって、1956年1985年に、2回映画化された。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

時は1945年7月日本軍はビルマ(現在のミャンマー)で連合軍の猛反抗に遭い、戦局は非常に悪くなっていた。

日本軍のある小隊長は音楽学校の出身で、自らの小隊の隊員に合唱を教えていた。そのため、隊員達は歌うことによって、隊の規律と慰めと団結を得ていたのであった。中でも、水島上等兵は才があったため、音楽に熱中し、竪琴演奏を得意として、部隊でたびたび演奏を行っていた。また、水島はビルマ人の格好で斥候に出て、状況を竪琴で小隊に知らせていた。

終戦を迎え、小隊は捕虜となり、ムドンの捕虜収容所に送られる。しかし、終戦を知らない部隊が三角山で戦闘を続けており、このままでは全滅する状況だった。そこで、イギリス軍と交渉して、水島が連絡に行くが、消息不明となる。その後、水島を案じる隊員たちの前に、青いオウムを肩に乗せた、水島によく似た青年仏教僧が現れる。隊員はそのを呼び止めたが、僧は一言も返さず、逃げるように歩み去った。

ひょんな事から隊長は、おおよその事情を推察する。親しい物売りの老婆からオウムを譲り受け、「オーイ、ミズシマ、イッショニ、ニッポンヘカエロウ」と日本語を覚えこませた。数日後、隊が森の中で合唱していると、大仏の胎内からふいに聞き覚えのある水島の竪琴の音が聞こえてきた。隊員達は大仏の鉄扉を開けようとするが、固く閉ざされた扉はついに開かない。

小隊が3日後に日本へ帰国することが決まった。隊員達は、青年僧が水島ではないかという思いを捨てきれず、彼を引き連れて帰ろうと毎日合唱した。隊長は、日本語を覚えこませたオウムを青年僧に渡してくれるように物売りに頼む。出発前日、青年僧が皆の前に姿を現した。収容所の柵ごしに隊員達は『埴生の宿』を合唱する。ついに青年僧はこらえ切れなくなったように竪琴を合唱に合わせてかき鳴らす。彼は水島上等兵だったのだ。隊員達は一緒に日本へ帰ろうと必死に呼びかけた。しかし、彼は黙ってうなだれ、『仰げば尊し』を弾く。祖国のメロディーに心打たれる隊員達を後に、水島は森の中へ去って行った。

翌日、帰国の途につく小隊のもとに、1羽のオウムと封書が届く。 水島は、三角山に立てこもる部隊を説得するも、その部隊は自滅の道を選ぶ。その後、水島はムドンへ向かうが、3、4丈(約10m)の崖から落ちて重症となる。そして水島は、人食い部族に助けられ、祭りの生贄にされそうになる。しかし、強い風が吹いてきたところで、水島は竪琴で、精霊が飛んでくるような音を出す。部族はそれを怖がり、水島を助け、ビルマ僧の服装で見送ってくれた。その後、水島は再びムドンへ向うと、道々で無数の日本兵の死体に出くわす。衝撃を受けた水島は、英霊達の休まる場所を作ってあげずに、自分だけ帰国することはできないと思い、この地に留まろうと決心する。その後、水島は本当の僧侶となったのだった。祖国や懐かしい隊員たちへの惜別の想いと共に、強く静かな決意が手紙には綴られていた。 オウムは「アア、ヤッパリジブンハ、カエルワケニハイカナイ」と叫ぶのだった。

映画版 編集

1956年版 編集

ビルマの竪琴
監督 市川崑
製作 高木雅行
脚本 和田夏十
出演者 三國連太郎、安井昌二
音楽 伊福部昭
撮影 横山実
編集 辻井正則
配給 日活
公開 1956年1月21日 日本の旗
上映時間 116分
製作国 日本
言語 日本語
IMDb
  
  1. ビルマの竪琴 第一部」(1956年1月21日公開)
  2. ビルマの竪琴 第二部」(1956年2月12日公開)

1956年ヴェネツィア国際映画祭サン・ジョルジオ賞受賞。1957年アカデミー外国語映画賞にもノミネートされた。

スタッフ 編集

  • 監督:市川崑
  • 製作:高木雅行
  • 原作:竹山道雄
  • 脚本:和田夏十
  • 撮影:横山実
  • 美術:松山崇
  • 編集:辻井正則
  • 振付:横山はるひ
  • 音楽:伊福部昭
  • 特殊撮影:日活特殊技術部
  • 助監督:舛田利雄

出演者 編集


1985年版 編集

ビルマの竪琴
監督 市川崑
製作 鹿内春雄、奥本篤志、高橋松男
脚本 和田夏十
出演者 石坂浩二、中井貴一
音楽 山本直純
撮影 小林節雄
編集 長田千鶴子
配給 東宝
公開 1985年7月20日 日本の旗
上映時間 133分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
IMDb
  

1985年7月20日公開。

スタッフ 編集

  • 監督:市川崑
  • 製作:鹿内春雄、奥本篤志、高橋松男
  • プロデューサー:藤井浩明 角谷優 荒木正也
  • 企画:日枝久 高橋松男
  • 原作:竹山道雄
  • 脚本:和田夏十
  • 撮影:小林節雄
  • 美術:阿久根厳
  • 編集:長田千鶴子
  • 音楽:山本直純
  • 演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
  • 音楽補佐:山本純ノ介
  • 照明:下村一夫

出演者 編集

関連項目 編集

参考文献 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はビルマの竪琴にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki