FANDOM


フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
監督 本多猪四郎
製作総指揮 清水雅
製作 田中友幸
角田健一郎
脚本 馬淵薫
本多猪四郎
出演者 ラス・タンブリン
佐原健二
水野久美
伊藤久哉
田島義文
田崎潤
中村伸郎
音楽 伊福部昭
撮影 小泉一
編集 藤井洋平
配給 東宝
公開 1966年7月31日(日本)
上映時間 88分。
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 フランケンシュタイン対地底怪獣
  


フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(フランケンシュタインのかいじゅう サンダたいガイラ)は、1966年7月31日に公開された東宝ベネディクト・プロ製作の日米合作の特撮映画カラー東宝スコープ。上映時間は88分。

概要 編集

フランケンシュタイン対地底怪獣』のため緻密なミニチュアや、現実的な大きさの人型怪獣同士の格闘は迫力があり、また、本作品で鮮烈なデビューを果たした東宝自衛隊の対怪獣兵器であるメーサー殺獣光線車は、伊福部昭L作戦(メーサー)マーチと合わさって、今もって高い人気があり、以後のゴジラシリーズ等の日本の特撮アニメ等の作品に多大な影響を与えている。また、サンダガイラの邂逅などの怪獣自身のドラマ要素が『ゴジラvsモスラ』以降の平成ゴジラシリーズに影響を与えた。なお怪獣をデザインしたのは「ウルトラQ」、「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」でも知られる成田亨である。 当初、殺獣光線車の登場は脚本に無かったが、ドラマ的な見せ場を作るため本多猪四郎が光線車のシーンを加筆、映像化した。

漫画などでも幾度となく名前が使われており、『岸和田少年愚連隊』(1996年)でも双子の俳優が、優等生のサンダと不良のガイラ(もちろんあだ名)というキャラクターを演じている。

アメリカでは『怪獣大戦争』との2本立てで公開された。

国内盤DVDの特典には1972年頃発売された、本作を編集した8mm+ソノシート「怪獣ジャイアントサンダ」とソノシートとセットの絵本「怪獣ジャイアントサンダ」が収録。

海外公開版との相違編集

  • 画面サイズが東宝スコープではなく、ビスタビジョンにトリミングされている。
  • 「フランケンシュタイン」という意匠設定が外されていて、二大怪獣は雪男の系列の「ガルガンチュア」と呼ばれ、細胞分裂を繰り返すUMAとなっている。(「ガルガンチュアの足跡なんて珍しくもない」との助手(佐原健二)のセリフがある。)
  • ガイラは「緑の怪物(グリーン・モンスター)」、または「グリーン・ガルガンチュア」、サンダは「茶色の怪物(ブラウン・モンスター)」、または「ブラウン・ガルガンチュア」と呼ばれていて、アケミもサンダのことを単にガルガンチュアと呼ぶ。
  • スチュアート博士の視点を中心にした作劇にアレンジされていて、海上保安庁員(田島義文)が操舵手や漁船を検分する一連のシーンも、スチュアートが立会うものとなっている。
  • 伊福部昭の楽曲はぶつ切りにされていて、L作戦マーチや、そのあとガイラが海へ逃げるシーンなどの曲が、テンポの速いアメリカの楽曲に差し替えられていて、随所に怪獣大戦争からの楽曲や、キングコング対ゴジラの大ダコのテーマが挿入されている。キップ・ハミルトンの歌声も日本版より鮮明である。
  • ガイラを助けに現れ、飛び降りるサンダのカット、銀座でガイラを迎え撃つ自衛隊の車両描写など、国内版では未使用の特撮カットが存在する。

ストーリー 編集

夜の三浦半島を航行する漁船が、大ダコに襲撃された。その時、1年前に死んだフランケンシュタインが現れ、大蛸を八つ裂きにするが、今度は人々に襲い掛かって来た。相次ぐ被害に、かつてフランケンシュタインを育てていたスチュワート博士や助手の戸川アケミ、間宮達は調査を開始。だが、フランケンシュタインの怪獣は、遂に町へ上陸し、待機中の自衛隊は「L作戦」を開始する。強力なメーサーと放電攻撃に倒れた時、もう1体のフランケンシュタインが現れた……。

登場怪獣編集

サンダ編集

テンプレート:Main

ガイラ編集

テンプレート:Main

大ダコ編集

嵐の夜に小さな船を襲っていたところ、突然ガイラが襲ってきたためそのまま戦闘になったがガイラに投げ飛ばされてしまう(書籍などでは八つ裂きにされたと書いてある)。

スタッフ 編集

本編 編集

特殊技術 編集

特殊視察効果 編集

キャスト 編集

追加キャスト(ノンクレジット)

  • 海上保安部職員:古谷敏
  • 海上保安部職員:大仲清治
  • 海上保安部職員:西條竜介
  • 海上保安部職員:天見竜太郎
  • 海上保安部職員:河辺昌義
  • 海上保安部職員:川又吉一
  • 海上保安部職員:吉田静司
  • 海上保安部職員:大江秀
  • 研究所所員:清水良二
  • 研究所所員:大塚秀男
  • 学者:須田準之助
  • 学者:千葉一郎
  • 喜田博士の助手:内山みどり
  • ハイキングの若者:小松英三郎
  • ハイキングの若者:佐竹弘行
  • ハイキングの若者:谷和子
  • ハイキングの若者:高野文子
  • ハイキングの若者:中馬敦子
  • ハイキングの若者:近藤そや
  • 羽田空港女事務員: 田辺和佳子
  • 点滴を触る病室の看護婦:毛利幸子
  • 羽田空港管制官:中西英介
  • 地引網の漁師:成田孝
  • 地引網の漁師:夏木順平
  • 医師:鈴木治夫
  • 看護婦:記平佳枝
  • 防衛庁長官:生方壮児
  • 海上幕僚長:勝本圭一郎
  • 航空幕僚長:山田圭介
  • 幕僚副長:松下正秀
  • 幕僚副長:草間璋夫
  • 幹部自衛官:坪野鎌之
  • 幹部自衛官:宇留木康嗣
  • 幹部自衛官:緒方燐作
  • 自衛隊士官:加藤茂雄
  • 自衛隊士官:門脇三郎

同時上映 編集

テンプレート:Movie-stub

de:Frankenstein – Zweikampf der Giganten

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はフランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki