FANDOM


フランケンシュタイン対地底怪獣
Frankenstein vs. Baragon
監督 本多猪四郎
製作総指揮 清水雅
製作 田中友幸
脚本 馬淵薫
出演者 高島忠夫
ニック・アダムス
水野久美
音楽 伊福部昭
撮影 小泉一
編集 藤井良平
配給 東宝
公開 1965年8月8日(日本)
上映時間 90分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
次作 フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
allcinema
IMDb
  


フランケンシュタイン対地底怪獣』(フランケンシュタインたいバラゴン)は1965年8月8日に公開された東宝ベネディクト・プロによる初めての日米合作怪獣映画である。上映時間は90分。

テンプレート:ネタバレ

物語 編集

第2次世界大戦末期、陥落寸前のドイツから日本にあるものが運ばれ、広島に移送された。永遠の生命力を持ち、それをもとに不死身の兵士を作ろうとする秘密の作戦であったが、それは原子爆弾の爆発で消滅したと思われた。

それから時は流れ、1960年。広島周辺に徘徊していた謎の少年が、国際放射線医学研究所のボーエン博士と助手の戸川季子達に保護される。少年は短期の内に巨人化する。彼は終戦末期に日本に運ばれたもの、すなわち、「フランケンシュタイン」の不死の心臓が人間の形を取ったものだったと判明。時同じくして、秋田油田を襲った地震の最中、巨大な怪獣らしきものが目撃される。中生代の終わりに地下にもぐって大絶滅を切り抜けた恐竜バラナスドラゴン=バラゴンであった。

巨人化したフランケンシュタインはマスコミの横暴な撮影に暴れ病院を脱走、富士山周辺へと北上する。同じくして甲信越で起きる謎の災害に、世間はフランケンシュタインの仕業であろうとの念を持ち、自衛隊の出動などの強行策が実施された。フランケンシュタインへの疑惑を晴らそうと富士山麓の樹海に入ったボーエン博士や季子達の前にバラゴンが現われ、謎の災害はこの怪獣の仕業だったのだとわかる。あわや季子らはバラゴンの餌食かと思われた時、フランケンシュタインが立ち塞がった。

概要 編集

内容は、フランケンシュタイン(本来はフランケンシュタインの創造物〈怪物〉)が地底怪獣バラゴンと闘うというものである。当初、米国のキングコングとフランケンシュタイン博士の創造した巨大モンスターが闘う映画企画を東宝が取得し、フランケンの要素が『フランケンシュタイン対ガス人間』(『ガス人間第一号』の続編企画)や『フランケンシュタイン対ゴジラ』へと企画は二転三転し、シナリオのゴジラの出番が新怪獣バラゴンへ変更される形でこの映画に結実した。

原案はアメリカのSF作家ジェリー・ソウルが担当、ソウルは米国側スタッフとともに医学監修として来日し、撮影にも立ち会った。[1]

なお、本作はアメリカのベネディクト・プロとの合作であるため、最初からの海外での上映が予定され、海外の上映時間の規定を満たす為、アパートで季子に別れを告げるフランケンシュタインの場面が追加撮影された。

また、二見書房刊の「大怪獣ゴジラ99の謎」によれば、この作品には少なくとも3種類の結末があると言われている。

  • バラゴンを倒したあとでフランケンシュタインが地割れに呑み込まれるもの(劇場公開時の結末、いわゆるオリジナル版)。
  • 大ダコが出現する場面が追加されたもの。
  • フランケンシュタインとバラゴンが同時に地割れに呑み込まれるもの[2]

大ダコ出現版は海外版のために撮り直されたという説がファンの間で浸透していたが(スタッフすらそう思っていた)、東宝発売のDVD付属の解説書によれば、海外公開版もオリジナル版の結末であり、日本のテレビで放映されたものが大ダコ出現版の初公開である。大ダコ出現版は特撮だけでなく、人物が描かれる本編も撮り直されている。ビデオ発売などでは大ダコ出現版が使用され、オリジナル版の方が幻の存在となりつつあったが、現在ではDVDにて2種類のバージョンが視聴できる(大蛸出現シーンに流れるBGMは『キングコング対ゴジラ』の大蛸出現シーンに流れた曲をそのまま使用)。

登場怪獣編集

フランケンシュタイン編集

身長:20メートル

太平洋戦争の末期、絶対に死なない兵士を造るためドイツから広島へ送られた「フランケンシュタインの心臓」が15年後心臓から幹細胞的に自ら人間状へ再生した。その後放射線医学研究室に保護されたが短期間の内に数メートルにも巨大化し研究室を脱走。そのまま北上し富士山麓で地底怪獣バラゴンと対決する。何故か体にあわせて衣服も大きくなっており富士山麓にいた時点では毛皮をまとっていた(スチルではボロ布)。

着ぐるみを使用せずに古畑弘二、中尾純夫にメイクを施して演じている。

バラゴン編集

テンプレート:Main デザインは渡辺明、頭部造形は利光貞三、胴体は八木寛寿八木康栄、背びれは村瀬継蔵による。演技者は中島春雄。海外輸出作品を意識して、狛犬のイメージで顔が作られた。額の一本角は村瀬によるポリ樹脂製で、電飾が仕込まれ発光する。リモコンで口の開閉のほか、塩化ビニール板のカバーで覆った眼球が中で左右に動く。この眼球の黒目を黄色い縁取りで囲み、中心に黄色い点が描き込まれているが、これは同年制作の『怪獣大戦争』のゴジラと同じ技法。

公開当時のパンフレットには「モグラの親玉」と表現されている。この年、新幹線が開通し、「ひかり号」が劇中本編にも出ており、バラゴンがこれを襲うイメージ写真も作られたが、こちらは劇中で描かれなかった。また、宣伝素材では直立した姿勢で写ったものが多数あるが、劇中では二本足で歩行することはない。口から吐く赤い熱線は作画合成で処理された。また自衛隊特車部隊が1尺サイズのミニチュアで登場するが、バラゴンを直接攻撃するシーンは無かった。

抜け殻状態のバラゴンのぬいぐるみを、人間形態のフランケンシュタインが担ぎ上げ振り回すといったアクションスタイルは、翌年の『ウルトラマン』で、ウルトラマンと怪獣の格闘の基本パターンの基礎となった。このバラゴンの胴体は撮影終了後に円谷プロに貸し出され、高山良策佐々木明の手によって様々な怪獣に改造された。

FC版ゴジラではバランモゲラ(味方に回るのはゴジラVSスペースゴジラから)と共に何故かゴジラやモスラの敵に回っている。得意の光線技を不意打ちで使用する等、反則技を持つ。

大ダコ編集

富士の湖に生息。バラゴンを倒した直後のフランケンシュタインに襲い掛かりそのまま湖にひきずりこみ姿を消した。このくだりはTVで初めて放映された。造形物は『ウルトラQ』第23話「南海の怒り」のスダールにそのまま流用され、その後『サンダ対ガイラ』の大ダコに使用された。

スタッフ 編集

本編 編集

特殊技術 編集

特殊視覚効果 編集

キャスト 編集

関連項目 編集

遣独潜水艦作戦

脚注 編集

  1. 東芝EMIのCD「東宝怪獣映画選集7」解説より。
  2. DVDのオーディオコメンタリーで有川貞昌は、このようなシーンは撮影されていないとコメントしている。
fr:Frankenstein vs. Baragon

no:Fuharankenshutain tai baragon

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はフランケンシュタイン対地底怪獣にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki