FANDOM


マルサの女2
監督 伊丹十三
製作 玉置泰
細越省吾
脚本 伊丹十三
出演者 宮本信子
津川雅彦
丹波哲郎
大地康雄
三國連太郎 他
音楽 本多俊之
撮影 前田米造
編集 鈴木晄
配給 東宝
公開 1988年1月15日
上映時間 127
製作国 日本
言語 日本語
前作 マルサの女
allcinema
キネマ旬報
  

マルサの女2』(マルサのおんな2)は、1988年1月15日公開の日本映画

伊丹十三監督の下前年の1987年公開で大ヒットとなった『マルサの女』の第二弾。

マルサ(国税局査察部=査を○で囲んでマルサ)に勤務する女性査察官を主人公に、宗教法人を隠れ蓑にしながら地上げ屋などで荒稼ぎしている鬼沢と、その背後に潜む邪悪な権力者たちとの攻防を描いている。

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ 地上げ屋同士の熾烈な攻防戦が吹き荒れるバブル期の東京。高層ビルの建設ラッシュを手玉に取り、政治家・建設業者・商社・銀行と言った数多の人間達は巨額の利益を上げんと欲望を燃え上がらせていた。そんな中代議士の漆原はある男に目をつける。天の道教団代表・鬼沢だ。鬼沢は宗教法人を隠れ蓑に数々の商売をし、さらにヤクザを操り善良な庶民達へ地上げの嵐を吹き荒らしていた。しかも宗教法人なので鬼沢に入る利益には税金がかからない。「宗教活動以外の所得には税金がかかる」という法をバックに、やり手査察官・板倉亮子をはじめとする国税局査察部・通称マルサは早速鬼沢の調査に入る。亮子は大蔵省のエリート官僚・三島を引きつれ鬼沢の身辺調査に入るが、教団信者やヤクザ達の妨害に合い、調査は難航を極める。ようやく脱税のシッポを掴んだマルサは強制捜査に突入。鬼沢への取調べが行われるが、鬼沢は頑として脱税を認めず、しまいには逆ギレして地上げの正当性を主張する始末。そんな中、鬼沢と一枚噛んでいた連中がトカゲのシッポの様に次々と葬りさられるようになり、そして鬼沢本人までもが狙撃される事件が発生。鬼沢もとある者たちにとってはトカゲのシッポ、つまり使い捨ての駒でしかなかったのだ。亮子達は高層ビルの地鎮祭でそんなとある者たち―閣僚・代議士・企業幹部の談笑する姿を見て、やりきれなさに唇を噛む。そして鬼沢は自分の墓に巨額の財産を隠し、一人嗤い続けるのであった。

キャスト 編集

板倉亮子:宮本信子
マルサの女。本作でもマルサカットを振り乱し大活躍。前作に比べ、男勝りな性格が強くなっている。
花村:津川雅彦
国税局査察部係長。独特の話術で猿渡を落とす事に成功。
佐渡原:丹波哲郎
国税局査察部管理課長。厳格な性格で漆原の圧力にも屈しなかった。
伊集院:大地康雄
国税局査察官。前作同様、マルサのジャックニコルソンは本作でも活躍。
三島:益岡徹
大蔵省キャリア官僚。亮子付きの部下となり鬼沢の身辺調査に入る。東大出身をひけらかす癖がある。
金子:桜金造
国税局査察官。前作ほど活躍はしていない。
秋山:マッハ文朱
港町税務署職員で亮子の後輩。亮子と一緒に天の道教団の税務調査に入る。
山田:加藤善博
同じく港町税務署職員。
カメラマン:石田弦太郎
週刊誌のカメラマンで鬼沢の地上げのターゲット。
カメラマンの妻:結城美栄子
ヤクザから日々嫌がらせを受け、疲弊する。
大衆食堂の主人:小鹿番
鬼沢の地上げのターゲット。鬼沢に部下の手首(ニセモノ)を見せられ、あえなく土地を手放す。
大学教授:南原宏治
鬼沢の地上げのターゲット。繁子と寝ているところを写真に撮られ、マンションを手放す。
ホステス:岡本麗
鬼沢の会社の名義人にさせられたホステス。
毛皮店主人:浅利香津代
キヌ行けつけの高級洋服店の主人。4500万円の毛皮を売る。
警官:三谷昇
本作のファーストシーンで海に浮いた地上げ屋の死体を見つける。
元僧侶:笠智衆
鬼沢が教団を立ち上げる際に言葉巧みに操られた住職。
猫田:上田耕一
鬼沢の腹心で多数のヤクザを操る。最後に殺され、死体が海に浮かぶ。
チビ政:不破万作
猫田配下のヤクザ。「マサインターナショナル」という会社を立ち上げ地上げを行う。
サダオ(ヤクザ):きたろう
猫田配下のヤクザ。鬼沢の秘密のノートを取り戻そうと、国税局の倉庫へ忍び込む。
信者代表:岡本信人久保晶
調査に入る亮子たちを邪魔する信者。
商社員:高橋長英成田次穂
漆原達と共に鬼沢を使い高層ビルを建て、巨額の利益を得る。
漆原:中村竹弥
代議士。鬼沢を巧みに操る陰の巨悪。前作では名前だけ出てきて、やはり前作の権藤と脱税を行っていた。
猿渡:小松方正
代議士で漆原の腹心。しかし花村によって落とされ、漆原からボコボコに蹴られる。
奈々:洞口依子
父親の借金の肩で鬼沢の愛人となった少女。最終的に鬼沢の子を孕む事に。
受口繁子(鬼沢の愛人):柴田美保子
鬼沢の愛人で教祖・キヌの側近。
赤羽キヌ:加藤治子
天の道教団教祖。鬼沢にとっては内縁であるらしいことが伺える。
鬼沢鉄平:三國連太郎
表の顔は天の道教団管長だが、裏の顔は多数のヤクザを操る地上げ屋。救いのないほどの悪人ぶりを見せ付けるが、結局は漆原達にとって使い捨ての駒でしかなく、取調べ中に狙撃される。

スタッフ 編集

作品の評価 編集

  • 前作があまりの大ヒットとなり、続編にも期待が持たれたが、宗教法人・地上げ・政治献金・ヤクザといった数多くの要素が複雑にからんだ脱税の構図が非常に難解で、一回見ただけでは物語の本質を見抜く事が困難であった。またラストでは正義が破れ、巨悪が勝つという構図をイメージさせたためやりきれなさ、救いのなさが目立ち、作品の評価としてはあまり芳しくない意見が目立つ。
  • 特に今作の悪役・鬼沢は、前作の権藤と比べ老獪であまりにもあくどいキャラクターとして描かれ、人間らしさを垣間見せるシーンも権藤と比べて圧倒的に少なかった。この点も、今作の評価を下げた一因になっている。
  • しかし公開当時まで、世間にほとんど認識されていなかった「宗教法人(カルト教団)の犯罪」という題材を取り上げた事は、90年代に数々の宗教法人が実際に摘発を受けた事件が続発した点で、伊丹の先見性を世に知らしめる結果となった。当時の宗教法人の「胡散臭さ」を指摘した最初の作品とも言える。

テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はマルサの女2にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki