FANDOM


テンプレート:Otheruses

メイン・テーマ
監督 森田芳光
製作 角川春樹
脚本 森田芳光
出演者 薬師丸ひろ子,野村宏伸
音楽 塩村修
撮影 前田米造
編集 川島章正
配給 東映
公開 1984年7月14日 日本の旗
上映時間 101分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
  

メイン・テーマ』は、1984年に角川書店が制作した日本の青春映画である。カラー・101分。森田芳光監督。主演は薬師丸ひろ子野村宏伸

片岡義男原作とあるが、片岡義男の書いている「メイン・テーマ」シリーズの中に、この映画と同じストーリーのものはないので、オリジナル・ストーリーである。4WDピックアップ・トラックで旅に出る青年など、映画と共通するキャラクターや部分的に重なるストーリーはある。このように、作品の題名や背景だけを借用したかのような作品は、当時の角川映画には多かった。

愛情物語』との2本立てで、配給収入18億5千万円のヒットとなった。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

幼稚園で先生をしていた小笠原しぶき(薬師丸ひろ子)はひょんなことで退職せざるを得なくなり、失業。房総の海岸で知り合った見習いマジシャン(野村宏伸)と4WDでの旅をすることになる。しぶきの目的地は大阪。かつて幼稚園で面倒を見ていた子供が、親の転勤で転校していったのだが、その子供の父親(財津和夫)に心惹かれていたからだった。

その後、浜松、大阪、そして沖縄と舞台はうつっていく。

スタッフ 編集

キャスト 編集

備考 編集

  • 野村宏伸はこの映画の「薬師丸ひろ子の相手役募集」オーディションに応募して、23000人の中から合格した。実は唐沢寿明もこのオーディションに参加しており、最終審査まで行ったという(唐沢の自伝書「ふたり」から)。このとき野村が「将来は何になりたいか」という質問に「サラリーマンになりたいです」と答えたので印象に残ったという。津田寛治もこのオーディションを受け落選している。
  • 主題歌「メイン・テーマ」の歌詞違いバージョンで、作曲者の南佳孝が歌っている「スタンダード・ナンバー」という曲がある。
  • チューリップのリーダー財津和夫は、初映画出演とラブシーンを演じる(相手は桃井かおり)ということで話題になった。
  • ラストシーンのロケ地は沖縄の万座ビーチ万座ビーチホテルがオープンした年に撮影された。
  • 当時普及が図られたパーソナル無線が劇中に登場。パーソナル無線機のテレビCMでも本作の一場面が使われた。

賞歴 編集


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はメイン・テーマにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki