FANDOM


メカゴジラの逆襲』(メカゴジラのぎゃくしゅう)は1975年に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第15作で、前年に公開された『ゴジラ対メカゴジラ』の続編である。1975年3月15日公開。観客動員数は97万人。併映は『サザエさん』、『アルプスの少女ハイジ』、『はじめ人間ギャートルズ』、『アグネスからの贈りもの』、『新八犬伝』。登場怪獣はゴジラメカゴジラチタノザウルス

概要 編集

前作『ゴジラ対メカゴジラ』では敵怪獣はメカゴジラのみで、さらにゴジラには沖縄の伝説怪獣であるキングシーサーというパートナーもいたが、本作ではゴジラだけで強化改造されたメカゴジラとチタノザウルスの2体を相手にするため、ゴジラは大苦戦する。

本多猪四郎による特撮映画の監督は「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ_決戦!南海の大怪獣」以来5年ぶりの作品となる。

シリーズを追うごとに子供向けのヒーロー路線を辿っていき、特に本作の「チタノザウルスに踏み潰されそうになる子供がゴジラに助けを求める」というシーンがそれを如実に表している。但し、本作はリアリティを追求した本多猪四郎が監督ということもあり(この作品は本多猪四郎監督の真実の遺作となった)全体的に重い人間ドラマの部分を強調している。また敵役であるメカゴジラとチタノザウルスの街を襲撃するシーンなどが目立っているが、その一方で主役であるゴジラは若干影が薄い存在となっている。これらは当時怪獣映画が斜陽期に差し掛かっていたことを象徴している(事実、数年後に特撮ブームは海外のSF映画の影響で下火になり始める)。

本作はゴジラシリーズ観客動員数のワースト記録である97万人を記録し、その事を受けた東宝は莫大な製作費が必要となる怪獣路線を一時休止させることを決定。本作を最後に「昭和ゴジラシリーズ」は終了し、1984年に公開された『ゴジラ』に始まる「平成ゴジラシリーズ」まで9年間の充電(休止)となった。

爆破技術で有名だった中野昭慶が特技監督を手掛けている。その為、過激な爆破シーンが幾度か存在する。

第1作目(1954年)のメインタイトルとして使われた曲が、多少の編曲はなされているが曲調はほぼそのままでゴジラのテーマ曲として使われている(本来のテーマ曲「ゴジラの猛威」は未使用)。

ストーリー 編集

ゴジラに敗れ、海に沈んだメカゴジラの残骸を調査していた潜水艦「あかつき号」が謎の恐竜に襲われる。それは15年前に学会を追放された真船博士が操るチタノザウルスだった。

ブラックホール第3惑星人は真船博士と手を組み、博士の協力のもとでメカゴジラを修復しメカゴジラIIとして蘇らせることにする。

翌日、チタノザウルスと戦うゴジラだがチタノザウルスの尻尾の強風に苦戦を強いられる。さらにメカゴジラIIまで現れ、圧倒的に不利な戦いになり、ついにゴジラは生き埋めにされてしまう。果たして戦いの結末は……。

ブラックホール第3惑星人 編集

第2次地球侵略部隊が送られ、前回ゴジラに破壊されたメカゴジラの残骸を改修して2号機(メカゴジラII)を造り、地球侵略を企む。ユニフォームは前作と異なりアンテナのようなものが付いたヘルメットを被る。新隊長ムガールは地球人に変装した顔は前作の黒沼と同じ。素顔は猿ではなくケロイド状の顔である。天城に地底基地を建造し地球人に恨みを持つ真船博士を利用し彼の操る怪獣チタノザウルスと共にメカゴジラを使って横須賀を襲撃した(その際、天城の基地を捨て真船邸に拠点を移した)。

円盤は水色で平べったい形をしており、相模湾の海底に3機隠していた。侵略が失敗したムガールはそれに乗って宇宙へ逃げようとしたが、ゴジラの放射熱線で3機とも撃墜された。

サイボーグ少女桂
恐竜(チタノザウルス)に超音波を送る実験(時期は前作よりも前)を行った際に事故死した直後、第3惑星人の手によって人造人間に改造された真船博士の娘。当初はチタノザウルスを操る目的のみであったが、メカゴジラIIが完成されると同時に再改造を施され、メカゴジラIIのコントロール装置を埋め込まれた。

スタッフ 編集

キャスト 編集

  • 前作の出演者が一部引き続き登場するが、いずれも前作の人物とは違う役である。

備考編集

  • 恐竜の発音が実際とは異なり、「きょう」の発音を高くして呼んでいる(ただし、あかつき号の潜水艦員は普通に恐竜と呼んでいた)。また作中では恐竜ではなく「恐龍」と表記されていた。
  • ゴジラ映画でタイトルにゴジラ以外の怪獣のみが入るのは『ゴジラ FINAL WARS』までの28作品のうち本作のみである(タイトルに「ゴジラ」の3文字こそ入っているものの、ゴジラ自身のことではない)。
  • キングギドララドンマンダキングシーサーがライブフィルムで登場した。
  • ポスターにはX星人の円盤が描かれている。
  • アメリカではTV初放送時に過去作品の映像で構成されたダイジェストが追加された。
  • ラストの海へ帰るゴジラのシーンには前作で偽ゴジラとして使用されたアトラクション用の着ぐるみが使用されている。
  • 15年前の回想シーンで真船博士がチタノザウルスを説明するカットにテレスドンの解剖図が登場する。テンプレート:要出典範囲
  • 作り物とはいえ、女性の乳房が写る(桂の手術シーン)のはゴジラ映画では唯一である。EXテレビでゴジラ特集が組まれた際に、これを当時の他社のロマンポルノ路線の影響ではないかとの説が唱えられていた。

関連項目 編集

テンプレート:ゴジラit:Distruggete Kong! La Terra è in pericolo! nl:Terror of Mechagodzilla no:Terror of Mechagodzilla pl:Powrót Mechagodzilli sv:Terror of Mechagodzilla

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はメカゴジラの逆襲にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki