FANDOM


リンダ リンダ リンダ
監督 山下敦弘
製作 COVERS&Co.、バップ、ビターズ・エンド、ケイブ
脚本 向井康介宮下和雅子山下敦弘
出演者 ペ・ドゥナ
前田亜季
香椎由宇
関根史織
三村恭代
湯川潮音
音楽 ジェームス・イハ
撮影 池内義浩
編集 宮島竜治
配給 ビターズ・エンド
公開 2005年7月18日
上映時間 114分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
  

リンダ リンダ リンダ』は、山下敦弘監督による日本映画2005年7月18日公開。

概要 編集

根岸洋之によるストーリー企画が、第1回日本映画エンジェル大賞(角川出版映像事業振興基金信託)を受賞し(ちなみに、受賞当時の企画名は『ブルハザウルス17』)、映画製作がスタートした。

当初の企画では、留年した田花子が主役であった。ギャルバンライブハウスで演奏合戦、という設定もあった。企画が煮詰まったときに、山下監督が『ほえる犬は噛まない』のペ・ドゥナをふと思い出し、映画祭で会ったことのあるポン・ジュノのコネによって出演が決まったという。ペ・ドゥナは、同監督の『リアリズムの宿』のファンであった。

撮影は2004年9月9日に開始され、ほぼ全てが群馬県高崎市で行われた。また、舞台となる高校の撮影場所は、現在では旧校舎となった前橋工業高校である。ほか、県内の音楽センターなども使用された。フィルム・コミッションの利点が最大限に発揮された作品のひとつであるといえよう。

劇中に登場する、主人公たちのバンド「パーランマウム」(PARANMAUM、파란 마음韓国語で青い心=BLUE HEARTS)は、ユニバーサルミュージックよりCDもリリースされた。

映画雑誌の『映画芸術』で2005年の邦画ベストランキングで1位を獲得している。同じく映画雑誌の『キネマ旬報』による第79回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画ベスト・テンで6位、読者選出日本映画ベスト・テンで3位に選出された。

また、この作品の演技で、香椎由宇が第29回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞した。

あらすじ 編集

とある地方都市にある高校文化祭を数日後に控えたある日、軽音楽部所属の5人組のガールズバンドギターの骨折を発端に分裂してしまった。ギター、ボーカルがバンドを離れたが、ステージに立つことを諦めなかった3人。彼女たちはたまたま目の前を通った韓国からの留学生をボーカルに引きいれ、THE BLUE HEARTSのカバーを目指す。文化祭ライブ当日まであと3日。寄り道だらけの4人の練習が始まる………。

キャスト 編集

ソン:ペ・ドゥナ
韓国から来た留学生。制服のスカートが長い。バンドに誘われるまではいつも一人でいたり、小学生の女の子(美佐子:南川あると漫画をよく読んでいた。適当に返事をする癖がある(恵に「バンドやらない?」と言われたときにすぐに「はい!」と引き受けるところなど)。他人の恋愛話が大好き。バンドではボーカル担当。血液型はB型。
山田響子:前田亜季
いつもニコニコしている。友達が多い。高校生活をめいっぱい楽しみたいタイプ。同じクラスの大江一也に片思いをしている。兄が一人の普通の家庭に育つ。山田という苗字に少しだけコンプレックスがある。人と目が会うと笑ってしまう。バンドではドラム担当。血液型はA型。
立花恵:香椎由宇
負けず嫌いですぐにムキになる性格。下級生に怖れられている。しかし、心根は他の人よりは人一倍優しい。年上の前園トモキと付き合っていた。恋愛経験豊富に見えるが、実はそうでもない。一緒にバンドを始めた丸本凛子とは近親憎悪の仲。バンドではキーボード担当だったが、ギターになった。血液型はO型。
白河望:関根史織Base Ball Bear
口数が少ない。滅多にはしゃいだりしないが、たまに熱いセリフを吐く。クールに見えて、肝心な時にヌケているところがある。4人の中では一番音楽に精通している。2DKの団地に家族5人暮らし。家事担当。料理の味が濃い。バンドではベース担当。血液型はAB型。

その他の人達 編集

丸本凛子:三村恭代
今村萠:湯川潮音
中島田花子:山崎優子ME-ISM
小山先生:甲本雅裕
槙原裕作:松山ケンイチ
大江一也:小林且弥
阿部友次:小出恵介
前園トモキ:三浦誠己
恵の母:りりィ
中山先生:藤井かほり
響子の兄:近藤公園
ピエールさん:ピエール瀧
スタジオQの店員:山本浩司
カラオケの店長:山本剛史

スタッフ 編集

他の映像作品への影響 編集

この作品は、高校の文化祭が舞台の、アニメ涼宮ハルヒの憂鬱』第12話「ライブアライブ」の元ネタとなった。ライブシーンのカット割りがオマージュされているほか、使用しているギターも同一のものである。突然の雨でライブ会場の体育館に人が集まってくる等、似ている部分が多々見受けられる。また立花恵とおぼしき服装の人物が画面に入ったり、さらにDVD版では展示室で机に突っ伏して寝る留学生ソンの姿が直接的に描かれるシーンが追加された。

アニメスタッフがこの映画を強く意識していたことがうかがわれるが、この点について同アニメで脚本・演出などを担当した山本寛は『季刊S』第16号(飛鳥新社、2006年)上でのインタビューにて、原作ライトノベル中の該当エピソードをアニメ化する過程で映画の存在を知り、あえて似たシーンを足すなどの対応をとったという主旨の発言をして、その関連を認めている。

関連書籍 編集

ガイドブック
  • 『リンダリンダリンダ』パートナーズ 監修『リンダ リンダ リンダ オフィシャルブック』(太田出版、2005年) ISBN 4872339703
ノベライズ
  • 向井康介『リンダ リンダ リンダ』(竹書房文庫、2005年) ISBN 4812422337

外部リンク 編集

テンプレート:Movie-stubko:린다린다린다

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はリンダ リンダ リンダにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki