FANDOM


レイクサイド マーダーケース』は、東野圭吾著の「レイクサイド」を原作とした2004年日本製作の映画。監督、脚本は青山真治。上映時間118分。

ストーリー 編集

並木俊介(役所広司)は、娘の中学受験のための合同勉強合宿に、保護者として付き添うことになった。しかし並木自身は、娘が実子でないこともあり、過剰すぎる親たちの受験への熱意を理解できないでいた。

そんな中、勉強合宿の舞台となった湖畔の別荘に、会社の部下であり愛人でもある高階英里子が、俊介の仕事道具を渡しに現れた。そしてその日の夜、事件は起こった。用で外出していた俊介が別荘に戻ると、並木夫妻に割り当てられた部屋に、一つの他殺体があった。それは、高階英里子の死体だった。

驚愕する並木に妻、美奈子(薬師丸ひろ子)は言う。「私が殺したのよ」と。そして参加者の親たちは、子供達の受験に影響するからと、英里子の遺体を処分しようとしており、俊介もその片棒を担がされることに。

いくら子供のためとはいえ、死体遺棄という危険なことを臆面もなくやってのける参加者に違和感を感じた俊介は、真相を知るために、謎を解明しようとするのであった。

「お受験」をテーマにした、長編ミステリー。

キャスト&スタッフ 編集


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はレイクサイド マーダーケースにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki