FANDOM


テンプレート:文学 テンプレート:ネタバレ レディ・ジョーカーは、高村薫原作の小説。1995年から1997年にかけて週刊誌「サンデー毎日」に連載され、1997年に単行本化(毎日新聞社)された。グリコ・森永事件から着想を得て書かれた作品と見られている。

ビール製造会社で労働組合運動に関わった兄の死をきっかけとして、一人の薬局店主が営利誘拐を計画し、元自衛官のトラック運転手、現役警察官、旋盤工、在日朝鮮人の信用金庫職員と共に実行。さらに、営利誘拐事件の被害者となったビール会社の利益供与事件も絡み、複雑なストーリー構成になっている。

2004年12月に映画化された。映画化構想に5年かかったと言われる。被差別部落問題を取り扱う部分があることから、一部で上映自粛の動きも見られた。

登場人物編集

犯行グループ関連編集

  • 岡村清二(元日之出麦酒社員。映画では「物井清二」のまま。)-谷津勲
青森県戸来村(現在は青森県新郷村)出身。東北帝国大学(現在の東北大学)理学部を卒業して日之出麦酒に入社。労組運動に関わったとして解雇される。秋川市(現在の東京都あきる野市)郊外の老人ホームに入所していたが死亡。
  • 物井清三(物井薬局店主)-渡哲也
岡村清二の弟。東京都大田区で小さな薬局を営む。兄・清二の死をきっかけに、日之出麦酒の社長を営利誘拐しようと計画。無類の競馬好きで競馬場に足繁く通う。
蒲田警察署の刑事。物井とは競馬仲間。最近刑事を続けることにストレスを感じる。
物井の競馬仲間。怪我で指を2本失っている。通称「ヨウちゃん」
  • 高克己(信用金庫職員。在日朝鮮人三世)-吹越満
物井の競馬仲間。
  • 布川淳一(「布川」は「ぬのかわ」と読む。トラック運転手、元自衛官)-大杉漣
物井の競馬仲間。障害を持つ娘・さちと病弱な妻を抱える。

日之出麦酒社内関連編集

日之出麦酒代表取締役社長。東京大学法学部を卒業後、日之出麦酒に入社。レディ・ジョーカーグループに誘拐され現金20億円を要求される。
日之出麦酒副社長。ビール事業本部長を兼任。
日之出麦酒副社長。事業開発本部長を兼任。
  • 杉原武郎(日之出麦酒取締役:映画では「城山武郎」となっており、城山恭介とは兄弟との設定)-辰巳琢郎
日之出麦酒のビール事業本部副本部長を兼任。
  • 野崎孝子(日之出麦酒社長秘書)
日之出麦酒の社長秘書。

犯行グループの周辺関連編集

東京都世田谷区で歯科医院を開業。日之出麦酒に脅迫文書とテープを送りつけるが、小田急線の電車に飛び込み自殺。
  • 秦野美津子(秦野浩之の妻:映画では死亡したとの設定)
秦野浩之の妻で、物井清三の娘(亡くなった妻の連れ子)。
  • 秦野孝之(秦野浩之の長男)-永岡佑
東京大学薬学部の学生だったが、日之出麦酒の入社試験に不合格、その後首都高速で事故死。
  • 杉原佳子(現在は糸井佳子。杉原武郎の娘。映画では役名が「城山佳子」)-菅野美穂
秦野孝之が東京大学に通っていた時に交際していた。結婚し一児をもうける。
  • 西村真一(広域暴力団成和会系企業舎弟:映画では役名が「西村寛司」)-松重豊
暴力団の舎弟。部落解放同盟の関係者と名乗り、秦野浩之とコンタクトを取る。

日之出麦酒利益供与事件に関わっていた者達編集

  • 田丸善三(総会屋グループ岡田経友会顧問)
日之出麦酒を恐喝し利益供与を受けていた。
  • 酒田泰一(民守党代議士)
同じく、日之出麦酒利益供与事件に関わる。
  • 青野昭二(酒田泰一秘書)
代議士・酒田泰一の秘書。

マスコミ関連編集

  • 根来史彰(東邦新聞東京本社社会部記者)
日之出麦酒関連の事件を追っていたが行方不明に。
  • 久保晴久(東邦新聞東京本社社会部記者)
警視庁刑事部捜査一課担当の記者。
  • 菅野哲夫(東邦新聞東京本社警視庁クラブキャップ)
  • 菊池武史(投資顧問会社G・S・C代表。元東邦新聞大阪本社社会部記者)
東邦新聞をある事情で退社後投資顧問会社の代表に。
  • 岡部智彦(大手証券会社の証券マン)
根来史彰のネタ元。

警視庁・検察庁関連編集

  • 神崎秀嗣(警視庁刑事部捜査一課課長)-矢島健一
警視庁捜査一課の課長。
  • 平瀬悟(警視庁刑事部捜査一課第一特殊犯捜査二係・警部補)-國村隼
営利誘拐を担当する特殊犯捜査係の主任。
  • 土肥勝彦(警視庁大森警察署刑事課課長代理・警部:映画では役名が「土肥正行」)-外波山文明
自称「連絡調整役」。
  • 合田雄一郎(警視庁大森警察署刑事課強行犯係・警部補)-徳重聡
警視庁大森警察署の刑事。詳細はマークスの山を参照。レディ・ジョーカー事件で負傷するが、その後警視庁本部に戻り国際捜査課に所属、警部に昇進。
  • 安西憲明(元警視庁大森警察署刑事課知能犯係・警部補)-菅田俊
警視庁大森警察署で知能犯担当だったが退職し故郷の福島県に帰郷。
  • 加納祐介(東京地方検察庁検事)
詳細はマークスの山を参照。

スタッフ編集

  • 企画:近藤晋
  • 総括プロデューサー:永江信昭、藤田裕一
  • プロデューサー:横手実、藤田義則、福島総司
  • 撮影:柴崎幸三
  • 照明:上田なりゆき
  • 美術:中澤克巳
  • 録音:宮本久幸
  • 編集:川島章正
  • 音楽:安川午朗
  • 装飾:松本良二
  • 衣裳:岩崎文男
  • ヘアメイク:森田京子
  • 視覚効果:橋本満明
  • キャスティング:安藤実
  • 助監督:蝶野博
  • 製作担当:宿崎恵造
  • 製作管理:安村重幸

関連項目編集

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はレディ・ジョーカーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki