FANDOM


テンプレート:文学不毛地帯』(ふもうちたい)は山崎豊子小説作品。

1973年(昭和48年)から1978年(昭和53年)までサンデー毎日に連載。単行本は新潮社刊。1976年に前半(4分冊の場合は1~2巻、2分冊の場合は上巻にあたる部分)が、1978年には残りの後半部分が出版された。『山崎豊子全集』(新潮社)では12~15巻に収録。

主人公の壱岐正中佐は、瀬島龍三(1911‐2007)がモデルと指摘されている。一方の主人公のライバル・東京商事の鮫島辰三は、日商岩井の元副社長海部八郎がモデルとされる。

1976年には山本薩夫監督により前半部分が映画化(主演・仲代達矢)され、1979年には、TBS系列で完全版として連続ドラマ化(主演・平幹二朗)された。

テンプレート:ネタバレ

主人公 編集

壱岐正 編集

陸軍中佐関東軍参謀。終戦の詔に対し、参謀総長の命令書が出されていない以上武装解除に応じる必要がないと解す関東軍部隊の説得に努めた。日ソ中立条約を犯して侵攻してきたソ連軍に拘置され、重労働の刑を宣告されシベリアに送られる。帰国後参謀としての経歴を買われ商社に入社し辣腕を振るうことになる。

映画版 編集

1976年8月14日東宝にて封切。

スタッフ 編集

キャスト 編集

テレビドラマ版 編集

テンプレート:節stub 1979年4月4日10月31日にかけてTBS系列で(毎日放送制作・制作協力:東宝)毎週水曜22:00から全31回放映された。

番組の移り変わり 編集

テンプレート:前後番組

関連項目 編集


テンプレート:Lit-stub テンプレート:Movie-stub テンプレート:Tv-stub

ko:불모지대

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は不毛地帯にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki