FANDOM


乱歩地獄は、2005年に公開された日本映画。4作品のオムニバス映画で、4作品とも原作は江戸川乱歩

概要 編集

江戸川乱歩の短編小説『火星の運河』『鏡地獄』『芋虫』『蟲』をそれぞれ映像化し、オムニバス形式で公開。一部に性的描写(変態性欲)を含むため、R-15での公開となった。

監督をはじめ、スタッフ・キャストともに4作品それぞれ異なるが、浅野忠信は4作品すべてに共通して出演している。作品によっては原作に大幅・大胆なアレンジが加えられている。

なお、竹内スグルカネコアツシは、この作品が映画監督デビューとなる。

エピソード 編集

カネコアツシは『蟲』を製作するに当たり、漫画家としてのスキルを活かし、事前に詳細な絵コンテを作成して撮影に臨んだ。その内容は、全カットに渡って完成度の高い絵が描き込まれており、完成イメージが分かりやすいとスタッフにも好評だったという。

キャスト 編集

  • 男(火星の運河)、明智小五郎(鏡地獄・芋虫)、柾木愛造・芙蓉の愛人(蟲):浅野忠信 (4作品すべてに出演)

『火星の運河』 編集

『鏡地獄』 編集

芋虫編集

『蟲』 編集

スタッフ 編集

『火星の運河』 編集

『鏡地獄』 編集

芋虫編集

  • 監督: 佐藤寿保
  • 脚本: 夢野史郎
  • 助監督: 大西裕
  • 撮影: 芦澤明子
  • 衣装: 北村道子
  • 音楽: 大友良英
  • 製作協力: 葵プロモーション

『蟲』 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は乱歩地獄にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki