FANDOM


テンプレート:文学人生劇場』は、愛知県吉良町出身の作家尾崎士郎の自伝的大河小説。吉良から上京、早稲田大学に入学した青成瓢吉の青春とその後を描いた長編シリーズ。「青春篇」、「愛慾篇」、「残侠篇」、「風雲篇」、「離愁篇」、「夢幻篇」、「望郷篇」、「蕩子篇」からなる。「残侠篇」は完全な創作で、他はかなり自伝的なものだと言われている。

この作品は、当初都新聞に新聞小説として連載された。当時の挿絵は、中川一政が担当した。「青春編」の刊行直後、1938年(昭和13年)佐藤惣之助作詞、古賀政男作曲の歌謡曲「人生劇場」が発表され(歌唱:楠木繁夫)、これは長く日本人の愛唱歌として知られている。(村田英雄の代表曲でもある。)

これを手本としたものに、同じ早稲田大学の後輩五木寛之の自伝的な大河小説『青春の門』がある。

映画化作品編集

「人生劇場」は、14回映画化されている。最近の作品では1968年のものと1972年のものが有名。

モデルとの相関関係編集

登場人物の一人である飛車角は、「ぶったぐりの彦」もしくは「ぼったくりの彦」と呼ばれた戦前ヤクザ石黒彦市がモデルとされる。しかし、石黒は、昭和17年(1942年)9月2日に右翼団体大化会村岡建次(後の暴力団北星会会長・岡村吾一)の舎弟・水原新太郎(本名は菊池貞雄)に、東京市麹町区(現在の東京都千代田区)の政友会本部近くで銃撃され、翌日死亡している。石黒彦市が自分の恋人を売り飛ばした女衒を殺したのは事実だが、小説映画の勇ましい侠客ぶりとは異なり、戦後になっても、映画監督の石井輝男安藤昇から「飛車角ってのは本当は悪いやつでね」と教えられたとしている(飯干晃一狼どもの仁義角川書店(角川文庫)、1984年猪野健治実録・人生劇場双葉社

その他、南喜一茂木久平などが登場人物のモデルとして著名。

関連項目編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は人生劇場にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki