FANDOM


仁義なき戦い 広島死闘篇1973年4月28日東映で公開された日本映画。「仁義なき戦いシリーズ」の第二弾。

概要・エピソード 編集

  • 第一部撮影中にすでに第二部の公開が決定されたが、週刊サンケイでの連載が追いつかなかった為、脚本を担当した笠原和夫は山上光治という一人のヤクザに着目し、広島市における第一次広島抗争を執筆する事になった。このため本作の時代背景は第一部と重なる昭和25年28年の出来事を描いている。内容も第一部のような群像劇ではなく、「山中正治」という一人の男の情念の物語を描いている。
  • 笠原は世代的に特攻崩れである山中役に思い入れが深いと語る一方で、笠原より3歳年下の深作欣二は、戦後世代の大友役に思い入れがあったと語っている。
  • 元々は北大路欣也が大友役、千葉真一が山中役としてキャスティングが進められていたが、脚本を読んだ北大路が「山中役の方が自分のキャラクターに合っているのでは?」と主張したため、議論を進めた結果、結局北大路が山中役、千葉が大友役となったといういきさつがある。
  • 2005年衆議院議員総選挙菅原文太は広島6区に出馬した国民新党亀井静香の応援に登場し、同じく広島6区に出馬した対立候補の堀江貴文を批判。「向こう(堀江陣営)は仁義なき戦いをしているが、こちらは仁義ある戦いをしましょう」と亀井を激励した。このニュースは本作をなぞらえて各メディアから『広島死闘篇』と呼ばれた。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

無銭飲食により大友勝利のリンチを受けた山中正治は、村岡組組長・村岡常夫の姪で未亡人である上原靖子によって手厚く看病される。その縁で山中は村岡組組員となるが、ふとした事から靖子と男女の関係となり、それが村岡組長の逆鱗に触れ山中は若頭・松永の指示で九州へ逃れる。しかし九州での和田組組長射殺事件により山中の名は裏社会で大きく轟くこととなり、山中は広島への帰参を許され、靖子との交際も村岡組長の認める所となった。

一方大友組組長である大友勝利は、実父である大友連合会会長の大友長次に、日頃の行いを叱責される。勝利は「美味いものを食い、いい女を抱く」ため大きなシノギを狙い、村岡組が警備を任されている競輪場のトイレをダイナマイトで爆破。村岡組組員の江田達と激しく対立する。また、時森勘市より跡目を譲り受け、“テキヤ”から正式にヤクザ「大友組」となる。しかし、この事が原因で時森は山中から狙われる事に。

その頃山守義雄が広能のもとを訪れ、呉に逃げてきた時森の身柄を預かってほしいと頼む。自らの組の財政的な窮乏のため、広能は時森の身柄を引き受けることを了承。それから数日後、時森の命を狙った山中が広能のもとを訪ねる。山中と広能は刑務所の中で懇意となった間柄であった。山中に時森を殺させることによって事態の収拾を図った広能だが、その計略が山守の電話から勝利に露見し、大友組に殺されそうになる。その後、広能は組員の島田幸一を使って時森を射殺。島田に罪をかぶせることで、広島の抗争が呉に飛び火するのを未然に防ぐ。

時森の死により後ろ盾を失くし、広島から追放されることになった勝利は、寺田啓一ら3人を密かに留め置き、村岡組長襲撃計画を立てるが、計画を事前に察知した村岡は山中をヒットマンとして差し向ける。寺田達を射殺した山中だが、事件直後に警察に逮捕され、無期懲役の判決を受けて服役。それを見届けた村岡組長は、靖子を元の婚家に戻し、死んだ亭主の弟と再婚させようとする。刑務所の脱衣所で村岡組舎弟・高梨国松から靖子のことを聞いた山中は裏切られたことに気づき、村岡に復讐するため刑務所を脱獄。

山中の脱獄を知った村岡は即座に松永に指示し、靖子を婚家から連れ戻させ、何食わぬ顔をして山中と対面。山中は靖子が広島にいるのを見て、自分が組長を殺そうと思ったのは間違いであったと詫びる。そして、組長の反目である勝利を襲撃。勝利の左足を撃ち抜いたが勝利の命を奪うことはできず、襲撃は失敗に終わるが、大友組の若衆である中原敬助の裏切りにより大友組は一斉検挙され、抗争は村岡組の勝利に終わる。

脱獄により全国に指名手配された山中は村岡から高梨が仮出所したことを知らされ、自分をだました高梨を射殺。しかし松永から実は高梨が言っていたことこそが真実で、靖子を慌てて婚家から連れ戻したのは村岡の計略だったことを知らされる。松永の家を飛び出した山中は、警察に包囲されてしまう。もはや逃げのびる術はなく、靖子も自分の手には戻らぬことを悟った山中は自殺。後日、山中の葬儀が村岡組長によって大々的に営まれる。弔問に訪れた広能は、高笑いする村岡を醜く感じ、悲しく死んでいった山中を偲ぶのであった。

キャスト 編集

広能組(モデル・美能組
  • 広能昌三(モデル・美能幸三)(演者・菅原文太)…広能組組長。山守組を離縁(正式な破門ではない)。シリーズの主人公。山中とは刑務所で懇意に。
  • 島田幸一(演者・前田吟)…広能組若衆。時森を射殺。
  • 岩見益夫(演者・野口貴史)…広能組若衆。
村岡組(モデル・岡組
  • 高梨国松(モデル・高橋国穂?)(演者・小池朝雄)…村岡組長の舎弟。山中によって射殺される。
大友組(モデル・村上組
  • 大友勝利(モデル・村上正明)(演者・千葉真一)…大友組組長。長次の息子。大友連合会を破門され時森のノレンを継いで博徒大友組を結成。村岡組と抗争。物語のもう一人の主人公。
  • 中原敬助(モデル・中本敬造)(演者・室田日出男)…大友組若衆(幹部)。指を詰めて村岡組若衆頭の松永へ和解を申し入れるが、松永の指示によって村岡組組員に刺殺される。
  • 池野卓也(演者・八名信夫)…大友組若衆。
  • 寺田啓一(演者・志賀勝)…大友組若衆。山中に襲われ死亡。
大友連合会(モデル・村上組)
  • 大友長次(モデル・村上三次)(演者・加藤嘉)…テキヤ大友連合会会長。
  • 倉光俊男(演者・中村錦司)…大友連合会二代目会長。のちに村岡組の盃を受けて傘下に。
山守組(モデル・山村組)
  • 山守義雄(モデル・山村辰雄)(演者・金子信雄)…山守組組長。
  • 山守利香(モデル・山村邦香)(演者・木村俊恵)…山守義雄の妻。
その他
  • 景浦辰次郎(モデル・清岡吉五郎)(演者・堀正夫)…広島の大親分。大友組組員によって電車内で刺殺される。
  • 時森勘市(演者・遠藤辰雄)…景浦の舎弟。村岡に対抗して大友に跡目を譲る。
  • 南良坂誠(演者・小松方正)…広島市会議員。公安委員。競輪場の理事。
  • 石田栄輔(演者・北村英三)…広島県警。
  • 和田(演者・岩尾正隆)…九州和田組組長。山中に狙撃され死亡。

※ナレーター…酒井哲

スタッフ 編集

テンプレート:先代次代2

テンプレート:Movie-stubit:Battles Without Honour and Humanity

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は仁義なき戦い 広島死闘篇にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki