FANDOM


仁義なき戦い 頂上作戦1974年1月15日東映で公開された日本映画。「仁義なき戦いシリーズ」の第四弾。

概要 編集

  • 本作の時代背景は昭和38年39年であり、暴力集団間の抗争を描くと同時に、高度経済成長を続ける市民社会・マスメディアの暴力集団に対する非難の目と、それに呼応した警察による暴力団壊滅運動を描いており、第二次広島抗争がどのように終焉したかを記録している。
  • このため第二次広島抗争の描写は本作で終了した。
  • ちなみに深作欣二監督・笠原和夫脚本・菅原文太主演による1975年公開の映画「県警対組織暴力」でも本作と全く同じ時代背景が取り扱われており、それまで消極的だった警察による暴力団対策の変遷が警察側の視点から描かれている。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー 編集

キャスト 編集

打本会明石組側 編集

村岡の跡目を巡って山守に敗れた打本は、山守組を破門となった広能と手を組み、神戸を拠点とする日本最大の暴力団組織明石組と盃を交わして傘下に加わり、広島での覇権奪回を図る。

広能組(モデル・美能組)
打本会(モデル・打越会
明石組(モデル・山口組)
上田組(モデル・小原組
  • 上田利男(モデル・小原光男)(演者・曽根晴美)…上田組組長。大久保の親戚。打本側。
義西会(モデル・西友会
川田組(モデル・河合組

山守組神和会側 編集

村岡組を譲り受けた山守組は広島最大の暴力団となったが、打本会や、打本会を傘下におさめた明石組の侵攻から広島を守るため、明石組と拮抗する神戸の暴力団組織神和会と提携する。

山守組(モデル・山村組)
  • 山守義雄(モデル・山村辰雄)(演者・金子信雄)…山守組組長。
  • 山守利香(モデル・山村邦香)(演者・木村俊恵)…山守義雄の妻。
  • 武田明(モデル・服部武)(演者・小林旭)…山守組若衆頭。武田組組長。
  • 江田省一(モデル・原田昭三)(演者・山城新伍)…山守組若衆(幹部)。江田組組長。
  • 槙原政吉(モデル・樋上実)(演者・田中邦衛)…山守組若衆(幹部)。槇原組組長。
  • 吉井信介(モデル・吉岡信彦=後の共政会副会長)(演者・志賀勝)…山守組若衆。
  • 山崎恒彦(モデル・山田吉彦)(演者・福本清三)…山守組若衆。
早川組(モデル・山口(英)組
  • 三重子(演者・渚まゆみ)…早川組組員の女。
神和会(モデル・本多会
  • 神代巳之吉(モデル・本多仁介)(演者・和田真士)…山口組と拮抗する神戸暴力団、神和会会長。引退。
  • 伊丹義市(モデル・平田勝市)(演者・中村錦司)…神和会副会長。二代目会長。山守側。

※ナレーター…酒井哲

スタッフ 編集

テンプレート:先代次代2

テンプレート:Movie-stubit:Battles Without Honour and Humanity

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は仁義なき戦い 頂上作戦にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki