FANDOM


テンプレート:文学伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成短編小説1926年1、2月に「文芸時代」に発表され、同年金星堂刊。

湯ヶ島天城峠を越えて下田に向かう旅芸人一座と道連れになった、孤独に悩む青年の淡い恋と旅情を描く。6回も映画化されている人気作品で、ヒロインの踊り子かおるは田中絹代から山口百恵まで当時のアイドル的な女優が演じている。

あらすじ編集

主人公は、孤独になった事による、自己嫌悪と自己憐憫を癒すため、伊豆へ旅に出る。 旅芸人の踊子達と一高生という階級格差を超えた生身の人間同士の交流を通して、少年が人の温かさを肌で感じ、作品内にある「孤独根性」から抜け出せると感じるに至る。

作品背景編集

作者が19歳の時の伊豆での実体験を元とする。 作者は幼少期に身内をほとんど失っている。2歳で父、3歳で母、7歳で祖母、10歳で姉、16歳で祖父が死去し、孤独となってしまった。

挿話編集

川端は本作品を執筆するにあたり、湯ヶ島の旅館に四年半滞在して完成させた。ただしこの期間、彼は殆ど宿賃を払わないまま滞在しつづけたと言われ、川端の豪放磊落な一面が垣間見得る。

映像化・舞台化編集

映画編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

舞台編集

関連事項編集

テンプレート:Lit-stubpt:A Dançarina de Izu

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は伊豆の踊子にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki