FANDOM



監督 岡本喜八
製作 田中友幸
脚本 橋本忍
出演者 三船敏郎
新珠三千代
小林桂樹
伊藤雄之助
音楽 佐藤勝
撮影 村井博
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 1965年1月3日 日本の旗
上映時間 120分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
  

』(さむらい)は、1965年(昭和40年)に公開された日本映画

三船プロダクション製作の2本目の映画作品で、三船にとっては長期に渡った『赤ひげ』の撮影後、最初の主演作品となった。桜田門外の変を題材に、暗い過去を背負った一人の浪人の生き様を描く。岡本監督としては初の本格的な時代劇映画となった。作品は、実録風のリアルなタッチで主人公を巡るドラマが進んでいく。クライマックスの井伊大老襲撃シーンでは桜田門外を大がかりに再現、雪景色の中の惨劇が白黒画面の中で展開する。2007年(平成19年)に東宝よりDVDが発売されてる。

スタッフ 編集

キャスト 編集

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

出世を夢見ていた尾州浪人の新納鶴千代は、大老井伊直弼の暗殺を画策する水戸浪士を助けたことから、星野監物を首領とするその浪士一行の計画に加わることになった。桜田門で登城する井伊を暗殺せんと待ち構える一行だが、井伊は暗殺計画を察知しているかの如く姿を現さない。一行の中に井伊への内通者がいると踏んだ監物は、水戸浪士以外での参加者である鶴千代と、上州浪人栗原栄之助のどちらかが怪しいと睨み、素性を調査。すると、栗原と井伊側と遠い繋がりがあることが判明、監物は鶴千代に栗原暗殺を命じる。栗原とは大親友の間柄となっていた鶴千代は、鬼となって栗原を斬殺するが、直後、内通者は浪士隊幹部の増位惣兵衛で、栗原は無実であったことが判明する……。


テンプレート:Movie-stub cs:Samuraj (1965)fr:Samouraï (film, 1965)

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は侍 (日本映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki